【滋賀県】大人から子供まで楽しめる無料遊び場、矢橋帰帆島公園。大人気の秘密とは?




こんにちは。ぺちママです。

 

「関西で子供とお出かけを考えているけど、どこがオススメなのかわからない!!」

 

そんなあなたへ、

矢橋帰帆島公園にはもう行かれましたか??

 

普通の公園とは一味違う、この公園。

子供がつかまり立ちのころから通っているのですが、そんな頃からとっても楽しむことができるんです!

今回、1歳になってから連れていきましたが、より楽しめるものが増えていました!

 

年齢が上がっていくにつれて使える遊具がどんどん増え、楽しみも倍増する公園。

 

そんな、子供だけでなく大人も虜にする「矢橋帰帆島公園(やばせきはんとうこうえん)」の人気の秘密を探っていきたいと思います!

 

人気の秘密1.「おもしろ自転車」

矢橋帰帆島公園一番の目当ては、おもしろ自転車!!

一人乗り用自転車、二人乗り自転車、家族全員で乗れる自転車、立ちこぎ用自転車、たくさんの種類の自転車に乗ることができます。

 

どの自転車でも子供200円で30分乗り放題!

 

ちょっとすごくないですか?

なかなか、こんなに安くて自転車を楽しめる施設ないですよね。

 

時間の指定されたチケットを持って受付前に並ぶと、子供たちはソワソワ。

扉が開いた瞬間、「待ってました」とばかりに、わーっと走って入り、楽しそうに思い思いの自転車に乗り込んでいきます。

 

とはいっても、一度に入れる定員はそこまで多くないし、自転車もたくさんあるので、自転車が取り合いになるということはないので、安心してください

 

1歳の息子+夫婦二人で行った私たちも家族自転車に乗り込み、いざ出発進行!!

「風が気持ちいい~!」

所々で風車が回っていて、息子はそれを凝視。(笑)

 

ただ、1人乗り自転車は小さい子とはいえ2人乗り禁止だし、2人乗り自転車は息子一人で1人分のところに乗れないんですよね…。

1歳の息子と一緒に楽しもうとすると、どうしても大型の家族自転車しか選択肢がなかったんです。

でも、その大型の自転車も種類が5つほどあったので、その自転車で遊んだり、写真を撮っていたりしたら、いつの間にか30分が過ぎていました。

 

こんな感じで、1歳ぐらいの小さい子連れで行っても、とっても楽しめる場所です。

 

そうそう、このおもしろ自転車コーナー、実は、春や秋など人気の季節には、午前中で当日分のチケットが完売してしまうほどの人気っぷり。

なので、人気の季節には午前中にチケットだけでも取りに行かれることをおすすめします

公園最寄りの駐車場(下で詳しく書いています。)に停めると、公園の一番手前に「芝生の広場管理棟」があります。

入ってすぐ左手の受付カウンターで希望時間に空きがあるかを確認してください。

空きがあれば、横の券売機でチケットを買い、受付にそのチケットを提出すると予約プレートがもらえます。

あとはその予約プレートを持って5分前ぐらいに「おもしろ自転車」コーナーで待つだけ。

予約の時間に雨が降ってきて乗れない場合は、時間を調整してくれたり、やさしい心遣いもしてくれましたよ。

 

気になるお値段は以下の通り。めちゃくちゃ安いですよね。

対象 料金
高校生以上 300円
3歳以上~中学生 200円

3歳未満

無料

「おもしろ自転車」は、基本的に土日祝日は9時~17時ごろまで営業していますが、季節や日時によって営業時間が変わる場合があります。

行かれる際は、念のため確認しておくことをおすすめします。

 

人気の秘密2.「子供の広場」の楽しい遊具

このロープジャングルジムはこの公園の目玉です。

7~8メートルはあるかと思う大きなタワー。こんな高いジャングルジムなかなか見ないですよね。

珍しいこともあってか、子供だけではなく大人も、楽しんで登っていきます。

自分の子が登っていたら、落ちないかひやひやしそうですが、

上からの景色はちょっとした展望台のよう。見晴らしがよく、気持ちよさそうです。

 

息子は、まだ小さいので残念ながらジャングルジムには登れませんでしたが、長~いローラーコースターでは、パパと滑れて嬉しそうにしていました。

角度が大・中・小3種類のローラーコースター。レベルに合わせて難易度を選ぶことができます!

一点気を付けてほしいのが、そのまま滑ると服が汚れてしまうので、お気に入りの服を汚したくない場合は、段ボールか、汚れてもいいタオルなどを持って行くことをおすすめします。

 

1歳では、一人で遊べる遊具はどうしても少ないです。

でも、お兄ちゃんお姉ちゃんがロープ梯子を登るのを真似して登ってみたり、

公園にちょこちょこある、こんな長い橋で、トコトコ嬉しそうに歩いていましたよ。

でも、下に川が流れているわけでもないのに、なぜこんなにも長い橋があるのでしょうか…?

 

実はこの広場、滋賀県の名所をモチーフにした遊具で作られているんです。

さっきの橋は、島と滋賀県本土が結ばれている様子が表現されていたんですね。

 

滋賀の地理に詳しければ、「ここがこんな遊具で表現されているのかぁ~。」なんて楽しむことができそう。

今、はやりの大河ドラマ「おんな城主 直虎」にゆかりのある彦根もちゃんと表現されていましたよ!

 

人気の秘密3.ピクニックにちょうどいい

「子供の広場」奥にある「大はらっぱ広場」でレジャーシートを広げて食べるお弁当は格別においしい!

春には、シロツメクサが一面に咲き乱れています。

お弁当を忘れても、ちゃんとおにぎりや軽食、飲み物が「芝生の広場管理棟」に売っていますよ。

ただ、種類は多くないので、お昼にはお弁当を持参したほうがよさそうです。

 

こんな感じで、公園にいながら、ピクニック気分も楽しむことができます。

大はらっぱ広場はとっても広いのでバドミントンなど楽しんでいる親子もいました。

 

この写真は公園隣の遊歩道。秋で人は少ないですが、春や夏などの混んでいる季節でも、大体ベンチは確保できます。

 

ちなみに、「子供の広場」脇にも、たくさんベンチがありますよ。

遊び疲れた子供は、そこでおなかを満たすことができるし、親も子供が目が届く範囲にいてくれるので、人気のスペースになっています。

レジャーシートを持ってきてもよし、ドームテントを持って寝ているお父さんも(笑)。

夏は暑さをしのげますし、冬は寒さをしのげてとってもありがたいですよね。

真夏や秋冬は、ドームテント必須かもしれません。

 

ちなみに、芝生の広場管理棟に電子レンジもありますし、授乳やおむつ替えスペースも用意されています。

赤ちゃんも気兼ねなく連れていくことができますね!

 

人気の秘密4.やさしい公園管理のおじさん

公園を管理しているおじさんたち。

なんだか子供好きな人が多い印象で、「芝生の広場管理棟」のおじさんも「おもしろ自転車」のおじさんも、いつも気さくに話しかけてくれます。

雨で自転車に乗れるか不安になっていた時も「あと、5分で雨やむよ。」と教えてくれて、待っていたら本当にやんだことも。

「おもしろ自転車」でふざけて危ない子供に対しても「コラ、危ないよ。」ときちんと注意する、おじさんたちの愛を感じます。

みんなに愛されているおじさんたちです(笑)。

 

人気の秘密5.無料駐車場が完備

出典:矢橋帰帆島公園公式HP 公園マップ

都会の駐車場は、公園でも駐車料金が30分300円ぐらい平気でかかってくることもあり、駐車場が無料なのは地味にありがたいですよね。

駐車場は3つありますが、橋を渡って左手奥の「芝生の広場管理棟」の近くの駐車場に停めることをおすすめします。(上の写真参照)

「おもしろ自転車」の受付もスムーズにすみますし、公園や広場へのアクセスも良好だからです。

 

有料にはなりますが、夏にはプール、バーベキュー、キャンプなども楽しめる。テニスコート、グラウンドゴルフ、相撲場!?までそろっています。

滋賀県だけでなく、他府県からも観光客もたくさん訪れている、矢橋帰帆島公園。

私の周りにもおすすめしていて、行った人皆「大満足」とのコメントです。

 

春夏以外でも1年中楽しめる矢橋帰帆島公園、今度の休みにぜひ一度訪れてみてはいかがですか?