【医師に聞く】子供、赤ちゃんが風邪で40度の高熱!病院に行く目安や薬の正しい使い方とは?




こんにちは。子供の風邪が長引いているぺちママ家です。

 

あなたは、子供が風邪を引いた時、すぐ病院に連れて行きますか?

 

赤ちゃんが初めて風邪をひいてしまうと、子供がつらそうで、どうしていいかわからなくなりますよね。

 

でも、

「病院にすぐ連れて行ったところで効く薬がもらえるの…?」

「もらえなかったら、行き損じゃないの?」

なんて、病院に行くタイミングを悩んでしまうと思います。

 

うちも同じ。

子供が1歳になってから風邪をよく引くようになったので、とりあえず病院に連れていくけれど、病名もあやふやで教えてもらえなかったり、薬も処方されずに帰されたり…。

「連れていくタイミングが合ってないんじゃないか」なんて思い、悩んでいました。

 

そんな時、たまたま小児科の院長にお話を伺う機会があり、病院に行く目安や、診察の裏側、薬の話などを詳しく教えてもらうことができたのです!

この話を聞いて、自分の判断に自信が持てるようになりました。

悩んでいるママパパにもぜひ、そのお話を共有したいと思います。

 

子供の熱が高い!病院を受診する目安とは?

赤ちゃんが、いきなり40度なんかの熱を出してしまったら、「耳が聞こえなくなったり、髄膜炎になったり…合併症を引き起こさないか!?」と不安に思ってしまいますよね。

大人で40度なんて熱、出ることなんてめったにないのですから、慌ててしまうのが当たり前。

 

でも幼児は、ただの風邪でも熱が40度を超えてしまうことが、よくあるんだそう。

42度を超えなければ、そこまで心配しすぎる必要はないようです(熱中症の疑いがある場合は除く)。

 

「じゃあ、子供の風邪がどんな症状だったら受診したらいいの?」

そんな悩みに、お医者さんに答えていただきました。

下に受診の目安をまとめてみます。

 

【急いで受診する必要がない場合】

・生後3か月を過ぎている

・熱が出ていても、普段通り「食べる、寝る、遊ぶ」ができていて、元気な様子である

 

この2つが満たされていれば、急いで受診する必要はないそうです。

病院に行くことで、さらに体力を消耗し、ほかの病気をもらってくることにもなりかねないからです。

 

【こんな場合は、受診を検討すべき】

・熱、鼻水、咳などの風邪症状の他に、気になる症状がでてくる(顔色が悪い、視線が定まらないなど)

・2~3日経っても熱が収まらない

・激しいせきが7日以上続く

・脱水の疑いがある(おしっこの量が減る、目が落ちくぼむ、呼吸が荒くウトウトしているなど)

 

【こんな時は、夜間でも急いで受診を】

・生後3か月未満で、いつもと様子が違う(呼吸が荒い、皮膚の色が悪いなど)

・吐いたあと、何も飲めない

・痛みが強い

・ぐずって寝ない

・初めてひきつけをおこしたとき

 

これら受診の目安は一応の参考にしてみてください。

一番の目安は、普段一緒にいるママ(パパ)が「何かおかしい」と感じるかどうかだそう

普段一緒にいる母(父)親の勘は、一番よく当たります。

病院へ行くかどうか迷ったら、行かれることをおすすめします。

 

そんなこと言っても、自分で決められない…!!

 

そんな場合は、「#8000」(小児救急電話相談事業)に相談してみてください。

小児科医や看護師が受診したほうが良いかどうか、相談に乗ってくれますよ。

都道府県によって通話できる時間帯が異なるので、確認してから連絡してみてくださいね。

 

病院に行ったとき、医者はどこを診て、どんな診断をしているの?

「風邪だと思いますが…また、3日後に来てください。」

こんな風に医師から告げられること、よくありますよね。

 

実は、症状の出そろっていない熱の上がり始めに受診しても、「風邪」としか診断できないことも多いそう。

早めに受診するのは、「急を要する病気でないか」を診断してもらうためと思ったほうが良さそうです。

 

では、病院に行った際、お医者さんはどういうところをチェックして、診断しているのでしょうか?

小児科医の方にぶっちゃけて教えていただきました。

家でもできる確認もあるので、チェックしてみてくださいね。

 

【チェックポイント】

・手足をきちんと動かしているか

・視線は合うか

・声はおかしくないか、笑顔はあるか

・呼吸のしかたや姿勢
→ゼーゼー、ケンケン、かすれ声じゃないか、息を吸い込むとき胸の一部が陥没していないかなど。

・皮膚の色など
→足や手を3秒間押さえて、すぐ元の色に戻るかどうか。
元の色に戻るまで2秒以上かかると、脱水、低血圧の疑いがあります。

 

また、「親が慌てた様子でないか、ということもチェックする」とおっしゃっていました。

母(父)親が、「子供が普段と違う様子だ」と感じている場合、やはり何か異常があることが多いそうです。

いつも子供をお世話している、自分の勘を大事にしてみてください。

 

急いで受診したのに、風邪薬をもらえなかった!病院へ行くのは意味がない?

子供が高熱を出したからあわてて診したのに、何も薬をもらわず帰ってきた…なんてこと、よくありますよね。

「しんどそうな赤ちゃんを連れて行った意味がなかった!」なんて思いがちですが、

これも病院は、薬をもらうためというよりも、「重症ではないかどうか」を判断してもらうために、受診するのが正解です。

 

実は、ただの風邪を「治す」薬はないそうです。

「抗生物質」「セキ止め」「鼻水止め」「タン切り」などの風邪薬は、実は風邪の根本原因を治したり、治るまでの期間を短縮させるものではありません。

ただ、症状を抑え込むためのものなんです。

 

子供には、これらの風邪薬はデメリットの方が大きいため、どこの病院もあまり出さないようになってきているそうです。

なぜかというと、本来、熱、セキ、鼻水などはウイルスや細菌をやっつけるために出る防衛反応。

これらの症状を薬で押さえてしまうと、ウイルスや細菌と戦えなくなってしまうからです。

「風邪=風邪薬を飲ませなきゃ!」と思ってしまいがちですが、市販薬についても、小さい子供には、できるだけ使わないほうが良いそうです。

 

大人は、仕事や育児など、休めないことが多いので何かと薬に頼りがちですよね。

一方、子供は2,3日ゆっくり家の中で休ませておくことができます。

休むことで、子供は自分の自然治癒力を存分に発揮し、普通の風邪の場合、2,3日で熱が下がるようになるのです。

 

ただ、「医者で薬を処方されても、何も飲ませないでおこう」という極端な考えも間違い。

赤ちゃんや子どもが高熱で苦んでいる時に「解熱剤」が処方されることがあります。

これは「熱を下げるため」ではなくて、「発熱でしんどい体を楽にするため」に処方されます。

医者もしっかり判断して出してくれるはずなので、病院で処方された薬はしっかりと服用するようにしましょう。

 

まとめ

産まれてすぐの赤ちゃんは、お母さんからもらった免疫があるので、風邪を引きにくくなっています。

一方、免疫が徐々に切れてくるの生後6か月前後からは、風邪をひいて高熱がでやすくなってくるのを実感されると思います。

 

頭では分かってはいても、子供がグッタリしているのを見ると、びっくりして「今すぐに病院に行かなきゃ!」と思ってしまいますよね。

でも、いったん落ち着いて

今、子供の中では、体が温度を上げ、ウイルスや細菌と戦ってくれています。

時を同じくして、咳、鼻水、下痢、嘔吐なども一緒に出てくるかもしれません。これらも身体を守るために頑張ってくれています。

 

単なる風邪であれば、病院処方される薬はほとんどありません。

重要なのは、家庭でできる適切なホームケアなんです。

 

【↓家でできる咳や鼻水の対処法とは?】

【医師に聞く】子供、赤ちゃんが咳や鼻水。風邪の症状が続く場合の正しい対処法とは?

 

【↓熱を下げるためにできる対処法とは?】

【医師に聞く】子供、赤ちゃんが元気なのに熱が続く。自宅で熱を下げる驚きの対処法とは?

 

【さいごに】

この話は、近所の病院の院長に伺ったお話を参考にした内容です。

 

その他には、小児科医が書いた「子育てハッピーアドバイス 知っててよかった 小児科の巻」も参考にさせていただいています。

この本は、かわいいイラスト付きで、とっても読むのが楽しい。

読みやすいでなく、「40度の熱が出た時、家でどうやって過ごせばいいの?」「吐いたり、痙攣が起こったとき、病院に行くかどうかどう判断すればいいの?」などの疑問にも、もちろんしっかりと答えてくれていてます。

初めて子供が風邪を引いた時、どうしたらいいかあたふたしてしまった時、手元にあって安心できた一冊です。

「一家に一つ」こういった本があると安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA