関西の子連れ旅行で行ったホテル浦島は辛口の口コミが多い?温泉や食事、子供へのサービスは?




こんにちは。ぺちママです。

冬の旅行を思い立ち、関西圏内&子連れでも楽しめる宿を旦那に探してもらっていました。そんな時、提案されたのが、和歌山県にある南紀勝浦温泉「ホテル浦島」。

海の上に立つ宿」「海鮮食べ放題」「4種類の温泉入り放題

そんなフレーズにワクワクしていました。

 

ただ、1歳の子連れには、気になることが…。

・他にも子連れがいるのか(大人メインの高級旅館で子供が騒ぐと申し訳ない)

・子連れで温泉に入りやすいのか

・バイキングは子供の食べられるメニューがあるのか…など。

 

事前に口コミなどを確認しましたが、1歳の子連れ情報はあまりなかったため、少し心配していたんです。

実際ホテルに泊まってみた私達は、これらの問題をクリアし、ゆっくり楽しむことができたのでしょうか?

「辛口の口コミは本当だったのか?」レビューしていきたいと思います。

 

ホテル浦島は子連れに優しい宿だったのか?

ホテル浦島へはフェリーに乗ってGO!

ホテルへは地図を見ると陸続きのように見えましたが、実際は車で行くことができず、フェリーで行くことになります。

「ホテル浦島」の名前だけあって、まるで「現実」から「竜宮城」に行くような気分ですね。

 

夢の気分ですが、車で来る時に、一つ気を付けてほしいことがあります。

実は、港の駐車場は「有料」のところしかありません。

港から少し離れますが、車で来る際は、ぜひ宿泊者が無料で停められる「ホテル浦島専用駐車場(地図情報等は下に詳しく載せました)」に停めてくださいね。

 

そこから港までは、ホテルの送迎マイクロバスが連れて行ってくれます。5分ほどで勝浦港に到着しますよ。

どんどん案内されるがまま乗ったら、荷物で身動きが取れない状態に。バスには荷物置きがないので、混んでいたら次のバスに乗るのをおすすめします。

 

そして、ようやく港へ到着!16時ごろになってしまい、あたりはもう薄暗い。(船は22時ごろまで運航しています。)

いつも車で旅行先のホテルに行くと、home to homeで楽な反面、旅行気分も半減してしまいます。

 

一方、ホテル浦島に行くには、荷物をもってマイクロバス、フェリーへ乗らなければならないのですが、自分で荷物をもって自分の足で移動する分、旅行気分がより味わえて、新鮮。なんだかワクワクします。

童心に戻りながら、ホテル浦島専用の船で5分ほどゆられます。

私たちが乗ったのは普通の船でしたが、運が良ければ、子供も大喜びのカメさん船に乗ることができますよ。

 

こうしてワクワクしているのもつかの間、船内は外国人(東南アジア系?)が大声で騒いでいたため、小さい女の子が泣き出してしまいました。

船長さんも注意せずで、「これは、ホテル選び間違えてしまったかな?」とひそかに不安が募ります。

 

ホテル浦島へ到着!館内のようすは?

さあ、いよいよホテルが見えてきました。

外観は、なんだか昭和時代の面影をそのまま残したような、少し古めのホテル。

私の中の「ホテル選び間違った!?」疑惑がどんどん膨れてきます。

 

ホテルの中に入ると、すでに人がたくさん!

でも、あれ?

「レトロ感は漂うけど、意外に中は明るくてキレイ…(失礼)。」

嫌いな雰囲気じゃない…。

心配していた外国人の団体客も、一気にチェックインをし始めたり、ウロウロ騒ぎまわるわけではなかったので一安心。

外国人団体客はロビーの端の方に寄って、添乗員さんに説明を受けていたので、個人手配の私たちは、スムーズに受付を済ませることができました

受付を待っている間周りを見回すと、少数派ではあったものの、同じぐらいの子供連れがいたため、無事「子供連れがいなかったらどうしよう?の心配」はクリアできました。

 

無事チェックインを済ませた後、荷物がとっても多かったため、入り口近くにあったカートに載せて、部屋まで連れていきます。

このカート、「チェックアウトまで部屋横に置いておいてOK」とのことだったので、荷物たくさんの家族には、とても助かりました。

 

部屋に入ると、外観から想像していたのとは違って(またまた失礼)、部屋の壁紙などは、とってもきれい。電器は古めのものだったので、リフォームしたのでしょうか。

奥に見える港町の夕景がとってもきれいです。

私たちは本館に泊まったのですが、このホテルはとっても広くて、1階からの「本館、日昇館、なぎさ館」と32階からの「山上館」があります。

このホテルの目玉の温泉は、本館に4つ、山上館に1つあるため、子連れで温泉巡りをするなら、山上館以外に泊まることをおすすめします。

大荷物をもってエレベーターで32階までを行き来するのは、とっても大変だからです。

また、山上館はゆっくりしたい大人向けな雰囲気なので、子供がさわぐと少し気を遣ってしまうかも。

 

浴衣は、80cmぐらいから借りられます。

旅館の浴衣を子供に着せたのは初めてだったのですが、子亀がプリントされている浴衣、とっても可愛かった。

1歳で80cmの息子でも、このとおり。丈もちょうどです。

 

ちなみに「ホテル浦島」で検索したら「幽霊」とか出てきましたが、夜中起きても、まったくそんな気配もなく過ごしましたよ。

不安でみんな検索するからでしょうか…??

壁が薄いホテルだとバタバタ歩き回る音や、隣の部屋の声が筒抜けなホテルがあって、寝れなかった覚えがあるのですが、このホテルでは隣や上の音はほとんど聞こえず、快適にぐっすり眠ることができましたよ。

 

一つ気を付けたいことは、子供用の「布団なし」プランでは、本当に布団が用意されないこと。添い寝が厳しそうな年齢の子供なら、「布団あり」プランにしたほうがよさそうです。

 

温泉好きにはたまらない4つの珍しい温泉。日帰り入浴もあるよ

このホテルを選んだ理由の一つ、それは、源泉かけ流しの温泉が4種類もあること。

1階には4種類の温泉があり、開いていれば、宿泊者は自由に出入りすることができるのが、温泉好きにはとっても嬉しい。

他に有料で貸切温泉もあります。赤ちゃん連れには、ありがたいですよね。

 

息子はもう1歳だったため、温泉巡りを一緒に楽しみます。

4つの温泉の中でも、特におすすめなのが、①忘帰洞、②玄武洞です。

出典:ホテル浦島公式HP

写真は忘帰洞。紀州藩の徳川頼綸公が来遊された際、『帰るのを忘れさせるほど心地よい』と誉めて名付けられたのものだそう。

古いお湯を使っていない「源泉かけ流し」の湯弱アルカリ性低張性高温泉なので、赤ちゃんの肌にも優しい、もちろんママの肌もツルツルになる美人の湯です。

12月の朝6時半ごろ、朝焼けや海の風景がとっても美しかった。

温泉大好き夫婦でも、「こんな温泉見たことない。」と顔を見合わせるほど。本当に心に残る温泉になりました。

 

施設は最高なのは分かったけど、「子連れで行っても大丈夫か?」が気になりますよね。

・ベビーバスやベビーチェアあり

・化粧水や洗顔フォームもあり

・更衣室にベビーベッドあり

・土日の18時と6時は、混雑なかった(時間帯によってやや混雑)

・タオル新品と交換可

こんな感じで、赤ちゃんや子連れもウエルカムな雰囲気。気をもまずに、安心して温泉めぐりができますよ。

 

一つだけ難点を言うなら、館内が広すぎて、本館に泊まっていた私たちは「日昇館」にある「玄武洞」や「磯の湯」までに行く道のりが遠かった…。

外に出たり、所々寒いポイントがあるので、子供が風邪を引かないよう、暖かくして出かけたほうがよさそうです。

 

温泉でさっぱりして部屋に帰る途中の道には、温泉には付きもののレトロなゲームセンターが。懐かしい気分に浸りながら、子供も大人も楽しむことができます。

 

4つの温泉を巡り、スタンプを集めたら、素敵な商品がもらえるという、楽しい企画もありました。

スタンプを集めて、無事ひとり1つ「手のひらサイズのプレゼント」がもらえましたよ。

何だったかは、ぜひ行って確かめてみてくださいね。

 

朝食、夕食のバイキングは美味しい?

私たちは到着が遅かったからか、ツアー客が多いからか分かりませんが、夕食は19:30のみの案内でした。「時間を選べないのか…」と残念でしたが、この時間帯、逆にバイキング会場が混みすぎてなくて、ありがたかった。

 

「湯快リゾートみたい」との口コミがあって、あまり期待はしていなかったのですが、いい意味で期待を裏切ってくれました

どちらも行ったことのある私からしたら「全然違う!」確かに海鮮が多くて、メニューの種類自体は似ていますが、美味しさが全然違います!!

 

正直私は、夕食も朝食も、めちゃくちゃ美味しかったです。

 

特に夕食で美味しかったのは、お刺身や揚げたてのてんぷら、焼き立ての肉、大好きな牡蠣フライ、みかん。朝食は、和食中心のメニューに変わります。

 

料理の種類はとっても豊富で、1歳前(離乳食中後期ぐらい)~の子供が食べられる料理も、たくさんありましたよ。

素材の味を生かした「精進料理」もあったので、離乳食期の子供にはぴったり。1歳の息子も、ひじきの煮物や切り干し大根を美味しそうに食べていました。

 

そうそう、子供の食事の用意について、子供用のいすはきちんと用意してくれましたよ。

ただ見たところ、小さめのスプーンやよだれかけはなかったので、小さい子の分は、用意して行ったほうがよさそうです。

 

スペースウォーカーで32階展望台へ

翌朝、とっても長~いエスカレーター(スペースウォーカー)を上がって向かった先は、日昇館にある展望台。

こんな長いエスカレーター見たことない!エレベーターもありますが、あえてエスカレーターを使うのが、子供には楽しかったようです。

少し寒かったですが、ここから見る景色は絶景ホテル浦島に来たら、ぜひ一度はチェックしておきたいスポットです。

 

他にも、ホテル敷地内に神社や遊歩道があります。時間があれば、楽しめる場所がいっぱいあったので、全部回り切れないのが少し心残りでした。

泣く泣くこの景色を見て、チェックアウトの準備の取り掛かります。

 

那智の滝が神秘的過ぎて言葉にならない

ホテル浦島の付近には、観光名所がたくさん。熊野那智大社、熊野古道大門坂、紀の松島、くじら博物館など。

 

どこに行こうか迷いましたが、私たちが向かった先は、かの有名な世界遺産の「那智の滝」。

車で行くと、400円~500円ぐらいで近隣の駐車場に停めることができますよ。

寒くてあまり歩きたくなかったため、一番近い駐車場に停めて、参道から降りること3分ほど。

 

素晴らしい景色に出会いました。

断崖絶壁から垂直に流れ落ちる滝。

素晴らしすぎて、しばらく見とれてしまいました。

この上の展望台にも有料で上がることができたのですが、子連れだったし、次の予定があったりで、断念。

少し残念ですが、「また来よう」と、帰路につきます。

 

おみやげは、みかんを忘れずに

「みかんの名所」和歌山なだけあって、ホテルでの夜のバイキングにみかん丸ごと置いてありました。このみかんがとっても甘くておいしい!!!

和歌山のミカンはやっぱり最高においしいです。

 

帰りの道では、そこかしこにミカンが売っていました。

その中でも目に付いた「みかんパーク(道の駅 パーク七里御浜)」で12個入り300円のみかんを購入。

和歌山のみかんと思って買ったら、実は三重だったようです…。とんだヘマをやらかしましたが、ここのみかんもスーパーのものより、甘くてとっても美味しかったですよ~!

 

和歌山に寄る際は、安くて美味しい「みかん」をおみやげに買って帰るのがおすすめです。

 

さいごにホテルの批評

予約する際、「1歳の子供は当然無料だろう」とタカをくくっていました。

すると、私が予約したサイトでは、0歳~小学生の子供で、食事・布団なしでも、まさかの3,240円。「子供連れにあまり優しくないホテルなのかな~?」と悩みました。

ホテルでの行きの船でも、海外のお客さんが騒がしくて「ホテル選び、間違ったかな?」と不安になりました。

 

でも、館内に入ったとたん、その気持ちは一転。

温泉は素晴らしい、料理はおいしいスタッフさんも気さくに話しかけてくれて、雰囲気がいい。

また、離れ小島のホテルですが、大きなコンビニがあって、お菓子やお酒、お土産などコンビニですべて賄えるため、不便は全くありませんでした。

冬だったので、体験できませんでしたが、夏にはプールも解放されていますし、ホテルから糸を垂らして釣り体験をすることもできます。

 

行きにはレトロだと思ったホテルも、帰りには、昭和の「なつかしさ」を感じ、岩の上に立つ唯一無二の「竜宮城」に見えていました。

 

一度泊まったホテルはあまり行かないのですが、「もう一度来てみたい。」そう思わせてくれる不思議なホテルでした。

 

これで一人1万円台で泊まれたのに驚き。

いつもは、じゃらんを使っていますが、るるぶトラベルでは、1,000円の館内利用券がついていたり、割引クーポンも配布していました。

ぜひ、「じゃらん」と「るるぶトラベル」のプランを見比べてみてくださいね。

じゃらんで「ホテル浦島」の宿泊料金を確認する。

るるぶトラベルで「ホテル浦島」の値段を確認する。

 

【ホテル浦島の位置】

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165−2

電話番号:0735-52-1011

 

【ホテル浦島専用駐車場へのアクセス】

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町天満442-33

カーナビへの電話番号: 0735-52-7550

駐車場までついたら、バス、フェリーでホテルまで無料送迎があります。