イエローハットのタイヤ、アイスフロンテージの実際の値段や評判は?実際試したレビュー




寒いですね~。

もう、雪が降る季節でしょうか。

 

「そろそろ、スタッドレスタイヤに変えないとな。」

「でもうちの地域、あまり雪は降らないし、なるべく安い、でも安全なタイヤないかな?」

そう思って安いタイヤを探していませんか?

 

うちも、使っていたヨコハマのスタッドレスタイヤが、もう寿命。

今年はスタッドレスタイヤ自体を購入しないといけません。

 

でも、なかなか車屋さんに行く予定が合わず、冬本番に入ってやっと、急いでタイヤを購入しに行ってきました。

でも、実はあることが原因で、少し微妙な結末を迎えたのです。

さて、私の失敗した原因は何だったのでしょうか?

 

スタッドレスタイヤをイエローハットのアイスフロンテージ(ice FRONTAGE)へ変えた理由は…工賃含めた値段が安かったから

私が街乗りメインで使っている車、SUZUKI(スズキ)ワゴンRのスタッドレスタイヤが交換時期に迫っていました。

今までは、YOKOHAMA TIRE(ヨコハマタイヤ)をはいていたのですが、普段この車で高速に乗ることがない&金欠だったため「できるだけ安いタイヤ」を探していました。

するとチラシで、オートバックス(AUTOBACS)独自ブランドの「ノーストレック(NorthTrek)」という国産タイヤを発見。

あまり聞いたことのないブランドでしたが、なんと、ホイール付きで32,184円で買えるというではありませんか!

他の国産モデルと2万円ほどの差をつけています。

ホイールにはこだわりがなかったし、ネットの口コミも悪くなかったので、在庫があるかどうか、さっそく店舗に電話をかけてみました。

 

すると、残念ながら在庫切れとの返答。

 

12月頭に入っていたチラシなので、12月中旬には売り切れてしまったようです。

去年の様子を見ていると、年末になるほどスタッドレスタイヤが安くなっていたので、時期を見図らっていたのですが、待ちすぎました…。

アルバイトの女性の電話応対もあまり良くなかったため、他の在庫を聞く気にもなれず、「もうオートバックスはいいや。」とあきらめてしまいました。

 

でも、もう12月中旬。いつ雪が降ってもおかしくありません。

早く冬用タイヤに変えたかった私は、気を取りなおして近くのイエローハット(Yellow Hat)へ。

イエローハットの店員さんは、質問にもハキハキ答えてくれて、愛想もいい。ベテランさんのようで、信用できそうです。

そこで、H22年製のワゴンRに取り付けられるもので、一番金額安いタイヤを探してもらうことにしました。

すると、イエローハット独自ブランドの「アイスフロンテージ」というタイヤがあるということ。

なんと、タイヤ、ホイールセットで、26,784円だといいます。

YOKOHAMAなどの国産タイヤが4~5万かかるのに対して、約半額の値段です。

 

命を預ける車のタイヤ。

さすがに

値段が安すぎて、大丈夫なの?」と一瞬躊躇しました。

さらに、追い打ちをかけるように、イエローハットの店員さんが言うには、

「アイスフロンテージは、アスファルトの道での走行で、ほかの国産タイヤより劣り、走行に不安が出る場合があります。

今履いているヨコハマタイヤより性能は格段に落ちるので、できるならアイスフロンテージより、ダンロップやブリジストンをお勧めします」と。

 

「安いタイヤを買う。」と強く心に決めて行ったのに、店員さんの言葉に惑わされる私。

一方で、「街中移動メインで、この車では高速にはあまり乗らない。早めに決めないと、スタッドレスタイヤ自体も売り切れ、交換できる場所もなくなってしまう。」とも考えました。

 

悩んだ末、「店員さんの商売文句も入っているに違いない。」と受け取り、その場で一番安いスタッドレスタイヤ、アイスフロンテージを購入したんです。

 

工賃、交換費用も含めて購入費用は34,560円で済みました。結果、オートバックスのタイヤよりも安く購入できたので、家計には大助かりです。

タイヤ交換費用 4,320円
タイヤ廃棄費用 1,296円
ナット 2,160円
ホイール 22,896円
タイヤ 17,192円
ホイール・タイヤ割引 △13,304円
合計 34,560円

タイヤ交換自体は、混んでいる12月中旬でも、取り付けは20分程で完了しましたよ。

イエローハットでタイヤを購入したからか、すぐに取り掛かってくれました。

 

安く&早く買えた点は取っても大満足でした。

でも、初めてのスタッドレスタイヤ、アイスフロンテージの肝心の走り心地が気になるところです。

ドキドキしながら運転してみました。

乗り心地はどうだったのでしょうか?

 

ヨコハマタイヤと比べたアイスフロンテージの走りごこちと総評は?

(少し凍った道を走ったのみで、まだ本格的な雪道を一回も走っていません。メインはアスファルトの上を走った感想になるのをご了承ください。)

(雪道を走った感想を追記しました。)

 

さて、実際車体に新しいスタッドレスタイヤ(アイスフロンテージ)がついた状態で、雪の降っていないコンクリート道路を走ってみます。

 

すると、去年まで履いていたヨコハマタイヤと違って、なんだか「ふわふわする」というのが第一印象。

 

ヨコハマの冬タイヤは、夏タイヤよりもタイヤに厚みがあり、どっしりしっかり地面に接していました。

一方のアイスフロンテージは、夏タイヤよりもふわふわして、地面の凸凹や振動が、直接車体に伝わってくる感じがします。

 

一般道の平坦なまっすぐな道を60キロ前後で走る分には問題ないのですが、カーブを曲がるときが少し怖い

なんだかぐんにゃり曲がっている気がして、車体が振れていないか心配になる場面もありました。

一般道で50~60キロ出す分にはギリギリ大丈夫ですが、坂や高速になったとき、恐怖が増しそうです。

 

あと、不思議なんですが、風がほとんど吹いていないのに、風にあおられる感覚になったことがありました。

 

そして、肝心の雪道。

少し凍った地面で50kmほどのスピードで走っていたのですが、気のせいか少し「つるっ」と横に滑ったような感覚もありました。

 

酷評ばかり書いてしまいましたが、以前履いていた有名ブランド、ヨコハマタイヤに比べて、性能は落ちることは当然わかっていたことなので、「許容の範囲内」と言われれば、そうなのかもしれません。

 

一方、アイスフロンテージを選んで、良かった点もあります。

まず、ヨコハマタイヤは、走っている時、「サー―ッ」と地面とこすれるような音がしていたのですが、アイスフロンテージを履いてからは、ほぼ無音になりました。

おそらく新品タイヤだからだとは思いますが…。もしかすると、年月が経つごとに音がしてくるかもしれません。

 

2~3センチ雪の積もったゆるやかな下り坂では、50kmほどのスピードを出していたのですが、普段と変わらず停車することができました。

ブレーキを踏んだ時、滑ることも、車体が横に流れることもなかったです。

「凍っていない雪道」を「ゆっくりのスピードで」走る分には、安心だと思います。

 

最後に、いいのか悪いのか分かりませんが、ブレーキの踏み込みと停まるスピードが呼応しています。

ヨコハマタイヤは「滑りにくい」だけあって、ブレーキを少し踏み込むだけで、滑り止めの効果が発揮されて、ガクッと前につんのめる感じがあったんです。

一方のアイスフロンテージは、ブレーキを踏み込むにつれて、ゆっくり徐々に止まっていきます。

 

ここまでの、アイスフロンテージのメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

メリット
  • かなり安い
  • 音が静か(新しいから?)
  • 凍っていない雪道ならある程度安心
デメリット
  • 地面の振動が車体に直接伝わる(ふわふわ)
  • カーブに弱い
  • スピードを出しすぎに注意
  • あおられる感覚?
  • 国産タイヤよりはブレーキの利きが甘い
  • 「凍っている道」×「スピードの出しすぎ」は気を付けたい

個人的には、徐々に止まってくれたほうが運転しやすいのですが、「急ブレーキ」しなければならない場面が出てきた場合、有名メーカーのものに比べて、「ブレーキの利き」には少し疑問が残ってくるかもしれません。

 

アイスフロンテージは、TOYOタイヤの技術を使ったマレーシア製の製品ですし、値段が安かったため、そこまで期待していたわけではありませんでしたが、個人的な総評としては、

値段なりの製品。可もないし、不可も今のところない。」といったところです。

 

初めは「ふわふわ」感が怖かったのですが、慣れると、そこまで気にならなくなってきました。

もちろん「スタッドレスタイヤ」として販売されているため、「雪道で滑りにくい」という、最低限の機能は兼ね備えていますしね。

 

なので、「とにかく安いタイヤ」を探していて、

  • 運転に自信があって、そこまでスピードを出さない
  • 使用は近所の買い物に行くぐらい
  • 雪は年に1、2回くらいしか降らないけど、念のためスノータイヤを履いておく

こんな人はアイスフロンテージを選んでもいいのかもしれません。

 

でも、個人的には「また、同じタイヤを買うか?」と言われたら、

迷った結果、少し高くても、ある程度名の知れた国産のタイヤにすると思います。

それは、私の運転技術がまだまだだから。

アイスフロンテージを履いた車に後ろに子供を載せて、高速道路のカーブ坂をスイスイ曲がり切れる自信がありません。

 

でも、「国産タイヤを買うのは高いし…。」と迷っていたとき、安心して安いタイヤを買える「ある方法」を見つけてしまったんです。

 

私のタイヤ選びは失敗とは言えないけれど、微妙。豊富な口コミを参考にして3万円以下のタイヤを手に入れる方法とは?

私のタイヤ選びは「間違っていた」とまでは言わないものの、微妙な形になってしまいました。

微妙な結果になった要因は何だったのでしょうか?

 

  • 安いタイヤに飛びついた
  • タイヤの性能は、「どれもそんなに変わらないだろう」とタカをくくっていた。
  • 事前の下調べをしていないものを焦ってすぐ買ってしまった
  • 店員さんの言葉を信用しなかった

こんなところでしょうか。

 

イエローハットのタイヤ(アイスフロンテージ)については、下調べができていませんでした。

一旦帰って、インターネットなりで他のタイヤと比較しておけば、こんな結果は回避できたかもしれません。

 

店舗でタイヤを見ただけでは、その性能が素人には分からないのが残念ですよね。

店員さんに乗せられて、よくわからないので勧められるがまま、店員さんの売りたいタイヤを買ってしまう。

これで失敗している人多いと思います。

 

本当のことを教えてくれるのは、結局「身内の車に詳しい人」や「インターネットなどの口コミ」なんですよね。

じゃあ店舗で、タイヤを見に行って買う必要ってあるのでしょうか?

 

「もし、インターネットで買っても、自分で取り付けられないから」「店舗持ち込みだと受け付けてもらえないことが多いから」

なんとなく、任せていれば安心できるから

店舗に行ってタイヤを買うんですよね。私もそうです。

 

でも、よくよく考えてみると、この「任せていれば安心」と思っているのは、実は「まかせていると、店員に言われるがまま、タイヤを良く知らないまま買ってしまう」ことと同じなんですよね。

 

もし、タイヤの口コミを見比べながら自分で選べて、タイヤ交換の予約まで全て完了できるところがあったら、知りたくないですか?

 

しかも、3万円以下で評判のいいスタッドレスタイヤに交換できたら…??

<タイヤのみ購入の価格>

タイヤ交換費用 7,200円
タイヤ廃棄費用(※) 1,296円
タイヤ 11,960円
送料 4,320円
合計 24,776円

※参考価格。店舗によります。

 

これ実は、車好きの人は皆知っているautoway (オートウェイ)で売られているスタッドレスタイヤなんです。

とても有名なので、サイトを見かけられたことがあるかもしれません。

通信販売で販売された本数が1,800万本を超えているほど人気の店舗で、すでにたくさんの人が利用しています。

サイトを見ると、日本製ではないアジアンタイヤが多いので少し尻込みしてしまいますが、アイスフロンテージもマレーシア製。

国産タイヤは安いもので、どうしても5,6万はしてしまいます。

 

海外製に不安のある場合は、口コミを参考にされるといいと思います。

口コミがめちゃくちゃ豊富なのがありがたい。

 

  1. インターネットでゆっくりタイヤを探し
  2. 実際そこで購入した人の信用できる口コミもたくさんあって
  3. 購入したタイヤは予約店舗に送ってもらえて
  4. 予約した近くのガソリンスタンドや店舗で取り付けてもらうまで完結できる

 

手取り足取りしてくれますね。

しかも通販では、納期に時間がかかることが多い中、即日発送してくれるのがありがたい。

日本全国、ほとんどの地域へ最短1日~2日で納品してくれるなので、「雪が降りそう!」「雪の降る地域に行く予定ができたた」時なんか、とっても助かりますよね。

もし手間なく安いタイヤを手に入れようと思ったら、autoway (オートウェイ)がとっても便利かつ安いです。

 

でももし、私のように走行に不安があって、「少し高くても、安心できる国産タイヤがいい!」という方は、

口コミのいいTIREHOODもおすすめ。

ここは国産タイヤメインの販売です。

例えばブリジストンで調べてみると、手間は少なく済むのに、なぜか店舗の特価タイヤより安い。

【ホイール付きブリジストンタイヤ】

  • オートバックス特価品→64,584円
  • TIREHOOD→56,600円

同じ国産タイヤ、ブリジストンの同じ種類を比較してみましたが、オートバックスの特売価格より、約8,000円もオートウェイの方が安いです(ホイールは異なります)。

 

タイヤ本体だけの値段を書きましたが、税込値段や取付工賃など含めた実質の値段を比べてみも、相当安いです。

タイヤのパンク保証までつくんですよ。

実際取り付けている人も多くいます。

ムーブカスタムでインチが15だったのでオートバックスやオートックでおいてあるスタットレスタイヤはかなり高額だったのとお店が忙しいそうで接客もしてもらえず(12月入ってからだったので)悩んでいましたが、こちらのサイトで見ると半額でいけるのと取り付け店舗が選べて予約できるので利用しました。対応もよくまた機会があれば利用しようと思います。

男性・50代

私も、もっと早くこのサイトを知っておけば良かったのですが、下調べが甘かった…。

私も次からはこちらで頼もうと思っています。

➥【公式サイト】タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

↓もしかしたら激安タイヤと国産タイヤの実質コスパは変わらないかも!?実際比べてみました。