USJのチケットを格安で購入して1歳2歳の子連れでUSJを100倍お得に楽しむ攻略法




子供が産まれてから、一度もテーマパークに行ったことのない私たち。

たまたまチケットが手に入ったので、1歳の子連れでUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)に行ってきました~!

当日まではめちゃくちゃ楽しみで、前日の晩は寝れないほどでした(笑)。

 

ただ、行く前に

1歳の子供も、親もちゃんと楽しめるのかな?

子供の食事やお昼寝はどうしよう?

との不安があったのも事実。

 

ただ結論から言うと、実際行ってみたら、その心配もよそに、親も子供もめちゃくちゃ楽しめた!!

 

でも、事前に調べ切れていなかったことで、時間を無駄にしてしまったのも事実。

実際、失敗したからこそ分かった、0歳~2歳の子連れでUSJに行くとき、

時間を無駄にせず、USJの園内を100倍楽しむ攻略法と注意点をお伝えしたいと思います♪

 

詳しい内容は、

  1. USJのおすすめの回り方(時間が短縮できる!)
  2. 「チャイルドスイッチ」と「シングルライダー」の併用のしかた
  3. 行く前に知っておきたいこと
  4. USJのチケットをお得に手に入れる方法

です♪

ぜひ行く前にチェックしてほしいことばかりを詰め込みました♪

 

USJ攻略法①0歳、1歳、2歳の子供とおすすめの回り方を知っておこう

「東京ディズニーランドより広くはない」とはいえ、1日で回り切れないほどの広さのUSJ。

しかも、時期によってはめちゃくちゃ人が多い!!

私たちが行ったときは春休みだったからか、大学生や高校生がたくさんUSJを楽しんでいました。

パークの外で人が多い様子を見たとき嫌な予感はしていましたが、

やはり待ち時間を見てみると、人気のアトラクションはどれも60分~210分

 

平日なのにこの多さ…。

私が高校生、大学生だった数年前は、ガラガラで、全然人がいなかったのに…。

ジョーズとか並ばなくても入れたのに…。

 

昔の閑散としたUSJしか知らなかった私は、この待ち時間を見て、少し頭が痛くなりました…(笑)。

でも、「人が多い」ということを念頭に置いていて、回り方さえもう少しうまく組んでおけば、時間を無駄にせずに済んだかもしれません。

 

実際、1歳の子連れで混雑しているUSJに行ってみて思ったのは、

  • 昼間→子供と一緒に乗れるアトラクションや場所を楽しむ
  • 朝や夕方→大人だけでアトラクションを楽しむ

のが正解ということです。

 

というのも、USJは昼が一番混んでいて、朝や夕方~が比較的すいているからです

 

そして、ドリームザライドなど、「子供が乗れない(身長制限のある)アトラクション」は、昼、激混みなことが多いんです。

後で詳しくお伝えしますが、待ち時間を短縮する裏技「シングルライダー&チャイルドスイッチ」を使ったとしても、混んでいる時は3時間以上待つアトラクションも…。

ぐずる子供を抱えながら、そんなに長い時間待つと思っただけでも、ゾッとしますよね。

 

実際私たちは、昼「アトラクションを楽しみたい!」と、園中、短い待ち時間で乗れるアトラクションを探しまわりましたが、どこも60分~210分待ち。

歩き回ったのでヘロヘロでした…。

USJの待ち時間を見れるアプリもあるんですが、一人で乗れるシングルライダーの待ち時間は書いていないんですよね…(改善してほしい…)。

 

では、USJの園内で0歳、1歳、2歳の子供と楽しめる場所はどこでしょうか。

0歳、1歳、2歳の子連れだと、年齢制限、身長制限(92cm)以上に引っかかってしまうことがほとんど。

でも、大人と一緒に乗れるアトラクションもあります。

しかも、ありがたいことに「子供と楽しめるアトラクション」は比較的すいていることが多いんです!

 

ではどんなアトラクションがあるのでしょう?

下に挙げてみますね。

  • ジョーズ
  • バックドラフト
  • ターミネーター

(↑上の3つは大きい音が多いので、もしかするとびっくりしてしまう子も。)

  • セサミストリート4-Dムービーマジック
  • シュレックアドベンチャー

(↑上の2つは映画形式ですが、イスが揺れるので、泣き出す子もいるかも。うちもひと泣きしただけで追い出されました(汗)。)

  • ロックンロールショー
  • キャッスルウォーク(ハリーポッターエリア)

などがあります。

☞詳しくは、USJホームページアトラクションのページで確認してみてくださいね。

 

そして、一番0歳、1歳、2歳の子供が楽しめるんじゃないかなと思う施設が「ユニバーサルワンダーランド」

エントランス入って右手。下の地図、赤マルの部分に位置します。

ここは、子供がめいいっぱい楽しめる国。

この中にある

  • ハローキティのカップケーキドリーム
  • メリーゴーランド

は、1歳の小さい子どもでも一緒に楽しめましたし、

「ユニバーサルワンダーランド」内の乗り物は、「よやくのり」という事前予約ができるものが多いので、時間を無駄にせず、乗ることができました。

 

「よやくのり」は、スタジオパスを持って発券機に行けば、乗り物の予約ができる制度です。

あとは、時間になれば発券された券を持って各乗り場に行くだけ。

ユニバーサルワンダーランドは子供向けの乗り物が多いので、混んでいる日でもすぐ乗ることができましたよ♪

※予約乗りできる乗り物は「ユニバーサルワンダーランド」内の乗り物だけなので注意しましょう。

 

そして、ありがたいことに、

「ユニバーサルワンダーランド」内には屋内外に、子供が体を動かして楽しめる遊びスペースがたくさんあるんです。

正直1歳、2歳の子供なら、ここで一日中楽しめるぐらい。

疲れたのか、ここで子供を遊ばせて、ウトウトしているお父さんもいました(笑)。

 

でも普段なら、こういったところで長い間子供を遊ばせてあげたいのですが、高いチケットを買っているので、できれば大人も一緒に楽しみたいところですね。

「ユニバーサルワンダーランド」で子供が遊び疲れたころには、夕方になっていると思います。

 

そして、ありがたいことに16時ぐらいになると、全体的にアトラクションの待ち時間は少しづつ減ってきます。

夕方になってきたら、大人向けのアトラクションに移動しだしましょう。

 

昼とはうって変わって、夕方にはアトラクションの待ち時間はとても減っていて、

  • ジョーズ「180分(昼)→60分(16時ごろ)」
  • スパイダーマン「210分(昼)→30分(17時ごろ)」に!

 

この作戦が功を制したのか、待ち時間ほとんどなしで、16時以降、ササっと2つのメインアトラクションに乗ることができました。

(ハリーポッターエリアは人気だったので、夕方でも180分待ちで泣く泣く諦めましたが…。)

 

でも、待ち時間ほとんどなしで父母ともアトラクションに乗れたのは、「チャイルドスイッチ」と「シングルライダー」という制度があったからなんです。

 

USJ攻略法②「チャイルドスイッチ」と「シングルライダー」をフル活用しよう

0歳~2歳は、身長制限があり、乗れるアトラクションが限られています。

というか、大人が楽しみたいメインどころのものは、ほとんど乗れません(泣)。

一緒に楽しみたいのは山々ですが、せっかくのUSJ。

大人だけでめいいっぱい楽しんじゃいましょう♪

 

そこで、使えるのが「チャイルドスイッチ」です。

この制度が何かというと、子守をする人と、乗る人に分かれて、始めの人が並んで乗ることができれば、次の人は並びなおさずに交替で乗ることができる制度のことです。

ただ、始めの人は普通に待ち時間を待たないといけないという欠点もあります。

 

そこで、その欠点を補えるのが「シングルライダー」の制度。

一般に並ぶレーンとは別に、一人で並ぶレーンが用意されています。

そこに並ぶと、グループの余り席にに次々補充されていくので、比較的待ち時間が少なく済むんです。

アトラクションにもよりますが、普通の待ち時間が60分なのに、シングルライダー制度で5分で乗れたことも

知らない人と隣で一人で乗らないといけない欠点はありますが、「シングルライダー」だと、待ち時間が大幅に短縮できることが多いので、子連れはぜひ活用したいところです♪

 

ちなみに私がシングルライダーで早く乗れたのは、「スパーダ―マン」「ジュラシックパーク」「ジョーズ」です。

シングルライダーができるアトラクションはこちらから確認できます♪

 

でも、うまく使いこなせるか不安。

私もそう思っていました。

でも、結論から言うと、心配する必要はなかったようです。

なぜなら、入口にスタッフさんがたくさんいてくれますし、皆フレンドリーで、子連れだとだいたいスタッフさんから声をかけてくれたからです♪

 

でも念のためここで、待ち時間を大幅に短縮できる「シングルライダー」と「チャイルドスイッチ」の使い方をお伝えしていきますね♪

①それぞれ、アトラクションの入り口にスタッフさんがいるので、まずスタッフさんに、「シングルライダーとチャイルドスイッチを使って乗りたいです」と伝えます。

 

②すると、スタッフさんが「チャイルドスイッチ」の用紙を渡してくれるので、先に乗る人がそれを持って「シングルライダー」乗り場に並びます。

後に乗る人は、子供と一緒に待合室や近くで待つか、ぐずらないようなら一緒に並ぶこともできます。

③先に乗った人は、後に乗る人にチャイルドスイッチの紙を渡します(スタッフさんに聞けば、どうすればいいか案内してもらえます)。

④後に乗る人はチャイルドスイッチの紙を受け取ったあと、乗り場近くのスタッフさんに声をかけます。

⑤すると、後の人は待ち時間なく、順番が来たらすぐにアトラクションを楽しむことができます。

 

私も行く前、このチャイルドスイッチの制度が謎で、少し不安だったんです。

でも行ってみると、どこでもスタッフさんが待機してくれていますし、皆慣れた様子で詳しく説明してくれたので、安心して楽しむことができましたよ♪

 

USJ攻略法③USJに行く前に、こんなことに気を付けよう

ベビーカーは絶対にもっていったほうが良い

USJに1歳や2歳の子連れで行く前、ベビーカーを持っていくべきかどうか悩みますよね。

うちも「ベビーカー乗るの嫌がるし、人混みが多くて進めなかったらどうしよう…。」と、行く前はとっても悩んだんです。

でも結果、持って行って大正解でした!

むしろ、持って行っていなかったら体力的に持たなかったかも…。

 

私たちが行ったときは、スタッフさんによると「ここ一番の混雑」だったそうですが、事前の心配もよそに、

道が広いので、ベビーカーでもスイスイ進むことができました

アトラクションに乗るときも、それぞれ施設の手前にベビーカー置き場があるので、そこに置いておけば大丈夫です。

エントランス右のカウンターでも、1,000円でレンタルすることができるので、持っていくのが大変そうな場合は、ぜひ借りられることをおすすめします。

 

ただ、ベビーカーを持って行ったときに心配なのが盗難。

人が多いところなので、故意でなくても取り違えが起こるかもしれません。

念のためタイヤロックももっていかれることをおすすめします。

あと、高価そうなかばんや貴重品は、ベビーカーに置きっぱなしにしておかないこと。

混雑している場所では、盗難の危険も上がってしまいますので、嫌な思いをしないためにも、そこだけは気を付けておきましょう。

 

授乳室を確認しておこう

出典:USJホームページ

赤ちゃんとUSJに行く時、気になるのが授乳室ですよね。

母乳で育てているとなおさら。

USJには、授乳室が2か所用意されています。

エントランス左手と、ユニバーサル・ワンダーランド内です。

赤ちゃんの授乳時間に合わせて、これらのエリアにいるようにしたいですね。

授乳室には、お湯や電子レンジも用意されているので、とっても助かりますよ。

ちなみに、おむつ替えスペースは、そこかしこのトイレにあったので、心配しなくて大丈夫です♪

 

パーク内は意外に暑い&寒いので、日焼けや防寒対策はしっかりしておこう

私たちがUSJに行ったのは春先ですが、昼間は日差しが暑く、夜は意外に冷え込みました。

パーク内は意外に寒い&暑いことがあるので、日よけ対策や防寒対策はしっかりしていったほうがよさそうです。

 

USJ攻略法④チケットは絶対に事前に入手しておこう

↑1日中使い倒して、ポケットの中でボロボロになったチケット(笑)

 

近年、USJは基本的に混んでいます。

人気のアトラクションに乗りたい!

とせっかくUSJに早くついても、すでにチケット売り場には長い列が…。

入場チケットを購入するだけでも、1時間ほど待ち、後から来た人に先を越されることにもなりかねません。

これではせっかく早起きしてきた意味がなくなってしまいます。

 

なので、USJに行く前には、必ずチケットを事前に手に入れておくことをおすすめします

事前のチケットを持っていれば、奥のエントランスからサッとすぐに入ることができますよ。

 

USJ攻略法⑤チケットを格安で手に入れる方法を知っておこう

チケットは、USJの公式サイト、Yahoo!チケット、ローソン(Loppi)、パートナーホテル(宿泊者のみ)で購入することができますが、少し高いのがつらいところですよね…。

現在、転売が禁止されているため、基本的にこの価格以下で購入することはできません。

  大人(12歳~) 子供
1日券 ¥7,900(シニア¥7,100) ¥5,400
1.5日券 ¥10,900 ¥7,400
2日券 ¥13,400 ¥9,000

 

でも、お得に手に入れられる方法もあるんです。

それは、チケットとセットになっているパッケージツアーを使うこと。

セットだと安くすむのはもちろんのこと、プランによってはアトラクションに早く乗れるエクスプレスパスや、特別に15分早くパークに入場できる特典がついているからです。

でもUSJのパッケージツアーってたくさんあって、どこがお得なのかわからないですよね。

 

そこで、パッケージツアーでお得な会社とプランをピックアップして、同条件で比べて見ました

↓それぞれ旅行社名をクリックすると、USJ特集のページに飛びます。

  HIS JTB J-TRIP 日本旅行
交通手段 飛行機 飛行機 飛行機 JR (こだま)
1日券 (別途7,900円かかります)
ハリーポッターエリア入場確約券 ― 
15分前入場 ― 
料金 34,800円 33,900円 28,600円 27,400円

※2018年4月10日ホテル京阪宿泊、東京~大阪、2名一室大人1名分料金で比較

この表を見ると、

  • 最安値で行きたいなら→J-TRIP
  • 飛行機が苦手なら→日本旅行
  • パークを思いっきり楽しみたいなら、15分前入場できる→JTB

がおすすめです。

 

この表から特にオススメできるのは、JTB。

15分前にパーク入場できる「アーリーチェックイン」ができるのはJTBだけだからです。

「絶対これに乗りたい!」という人気のアトラクションがある人におすすめです。

公式サイト>>【JTB】ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの格安プラン

 

実際私が行ったとき、一番乗りたかった「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」が朝から晩まで130分以上の待ち時間。

結局乗ることができませんでした(泣)。

 

でも、この15分前にパーク入場できる「アーリーチェックイン」を使っていれば、ほぼ待ち時間なしで人気アトラクションに乗れていたことでしょう。

公式サイト>>【JTB】「アーリーチェックイン」が使えるパックツアーを探す

 

ちなみに、関西に住んでいても、子連れでパーク一日中移動してから帰るとなると、とってもくたびれました。

旦那が、帰りの車で居眠り運転しかけてるほど…(ダメなやつ)。

 

子供と一緒だと、楽しいですが、どうしても疲れは倍増してしまいます。

もし余裕があれば、近隣に住んでいても、USJ近くのホテルに泊まることを考えてみてもいいかもしれませんね。

(私も家が近いのに、USJを1日中楽しみたかったので、学生のころよく利用していました。)

JTBだったら「15分前入場」がついているのに、一人7,900円で泊まれたりします(※チケット代金は含まれていません)。

一度JTBのUSJパックツアー をチェックするだけしてみてもいいかもしれませんね。

 

私たちも、次の日パパの仕事がなかったら、パークを思いっきり楽しむために、ホテルに泊まりたかったぐらいです…。

帰りは疲労感がMAXでしたが、1歳の子供ととっても楽しいUSJの旅を終えることができました。

あなたも、ぜひこれらの攻略法で、子供と一緒に楽しいUSJの旅にしてくださいね♪