職場のエアコンで肌がカピカピに乾燥!NG対策とやってよかった保湿とは?今日からできる8つをご紹介します




職場(オフィス)のエアコンで、肌がパリパリに乾燥してしまう💦

でも、自宅と違って、自分でエアコンを調整するわけにもいかないし、なかなか頻繁に席も立てない

対策はたくさんしたけど、職場のエアコンでの乾燥が、本当に止まらない…どうしたらいいの??

と悩まれていませんか?

 

実は私も超乾燥肌で、春の季節、暖房、冷房の季節ことあるごとに肌がパリパリに乾燥し、年々乾燥肌がひどくなっていっているように感じていました。

ですが、「肌が乾燥する」のをそのままほおっておけば、たるみ、しわ、毛穴、くすみなど、

年齢以上に老けて見える」原因にもなりかねないんですよね…(´;ω;`)。

(実際私も、20代前半の時、オフィスのエアコンの中にいると、肌がパリパリ乾燥して、当時は若かったはずなのに「目じりの小じわ」が深く刻まれてしまっていたことに、驚きとショックを隠せませんでした。)

 

ですが、ここで記した対策をすることで、

今は30代ですが、目じりの小じわはかなり目立たなく、エアコンでいくら湿度が低くても、

「肌の乾燥」が気にならないようになってきました。

 

とはいえ、遠回りをしました。

自己流のケア、ネットに載っているありきたりの方法…すべて試しました。

ですが。30代になって美容の勉強を本気でしだした際気づいたのですが、

私が20代前半の頃やってしまっていたのは、実は「NG対策だらけだった」んです…。

 

この体験を踏まえて、ここでは

  • オフィスで乾燥を感じても、絶対にやってはいけないNG対策
  • 「乾燥に強くなる」正しいスキンケアの方法とは?
  • 明日からできる、その他の対策

についてお話ししていきたいと思います。

もしあなたがオフィスの乾燥に本気で悩んでいるなら、

本気で対策すれば、「乾燥肌」はきっと変えることができます。

私も試して成功した、「乾燥肌を改善する方法」を、お話ししていきたいと思います。

ぺちまま

≪プロフィール≫

30代敏感肌・乾燥肌の共働き主婦。

20代の頃はそこまで気にしていなかったが、30代になり、乾燥、乾燥によるシワ、くすみ、毛穴の悩みが、もろもろと出てきて、焦りだす。

そこから美容知識を集め、スキンケアを試すこと20種類以上

「本当に良かった対策やスキンケア方法」のみを発信中。

オフィスのエアコンで肌が乾燥していても、絶対やってはいけないNG対策とは?

まずは、「やってしまいがちだけど、『オフィスでの乾燥対策』としては、絶対やってはいけないケア」についてお話ししていきたいと思います。

ことあるごとに、化粧水ミストを吹きかける

肌がパリパリに乾燥してくるので、化粧水(温泉水など)をこまめに顔に吹きかける

これ、もし今やっていたら、絶対やめてください!!

ぺちまま
と言いながら、これ私が20代前半の頃していたことなんですが…(;^ω^)

 

なぜダメなのかと言うと、化粧水を吹きかけてそのままにしていると、潤うどころか、化粧水が乾くとともに

肌から水分が余計に逃げていき、より乾燥しやすい肌になってしまうからなんですね。

ぺちまま
温泉水ミストや化粧ミストを吹きかけっぱなしにするのは、絶対にやめてくださいね(>_<)

 

もしオフィスでどうしても乾燥が気になって、ケアをしたいなら、「ミストの上にクリームか油分を上につけることを徹底」してください。

具体的には、

  • 化粧水ミストを吹きかけた上に、乳液(油分)やクリームも付ける
  • 油分も入っている化粧水ミストを使う

ことはマストです。

これら「少しの心がけ」で、肌に振りかけた水分が、油分で「ふた」がされ、肌の潤いが守られるようになりますよ(*^^*)

 

ちなみに、「油分も入っている化粧水ミストってどんなものが良いの?」と思われると思いますが、

油分が入っているものでおすすめできるのは、アレルバリアミストなどですね。

私も乾燥がひどいときたまに使いますが、「油分入りのもの」は、「水分のみ」のものより圧倒的に乾燥はしにくいです。

(逆に温泉水の入ったア〇ンヌやイ〇ダなどのミストは、「これ1つのみ」使っているだけでは、肌がパリパリに乾燥してしまうので要注意です💦)

 

ただ、「油分の入っている化粧水ミストを使っても乾燥する」という方もいらっしゃると思います。

そんな方は、「セラミド入り乳液」を化粧ミストの上に塗ると、より完璧ですよ♪

ぜひ実践してみてください。

>>セラミド入りの乳液でおすすめはこちら

ぺちまま

なぜ「セラミド入り乳液」がいいのかは、下で理由を詳しくお話ししますね。

 

乾燥しているからと言って、過剰なスキンケア対策をする

「肌の乾燥がひどいから」と、高級シートパックを毎日のようにしたり、化粧水をバシャバシャ入れ込みすぎてはいませんか?

乾燥肌には強い味方になってくれる美容液やシートマスクですが、「やりすぎ」は逆に肌の乾燥をもたらしてしまいます💦

 

例えば、「シートパックを週に3回も4回もする」「シートパックをしたまま寝る」などは絶対にやめてくださいね。

「シートパックのやりすぎ」は肌内部のバリアを壊して、敏感肌、乾燥肌を助長させることもあります。

また、「シートパックをしたまま10分以上放置」していると、化粧スプレーと同様、表面の水分と共に肌内部の水分まで蒸発していき、乾燥肌の原因になってしまうからです。

 

また、化粧水は「たっぷり入れ込む」必要はないです。

「化粧水たっぷり」は化粧品会社の宣伝文句でよくありますが、滴るほど垂れるほど使っている場合は、肌内部が乾燥したり、「水分蒸発」で逆に乾燥も引き推しかねないので、適量で十分です。

化粧水は角質層までしか浸透しないので、たっぷり入れる必要はありません。

ぺちまま
私もしっかり勉強するまで知りませんでしたが、「過剰なスキンケア」はより乾燥肌・敏感肌を助長してしまうので気を付けてくださいね。

 

じゃあどうやって「肌の乾燥対策をしたらいいの?」と言うことですが、

余分なスキンケアをするのではなく、普段のスキンケアを見直してみることが、実は一番重要なことでした。

 

そもそも今使っているスキンケアは本当に、肌に「うるおい」をキープしてくれるものでしょうか?

私も昔から「なんとなく肌に良さそうだから」「なんとなく乾燥しなさそうだから」で化粧品を選んできましたが、

「『乾燥しにくい肌』になる方法」はちゃんとあったんです。

 

私がそれを知らなかっただけ。

乾燥肌脱却のため、スキンケアを徹底したところ、私の乾燥感は劇的に良くなったので、あなたもぜひチェックしてみてくださいね(*^^*)

 

「肌の乾燥」を引き起こす一番の原因は、「間違ったスキンケア」でした

化粧水は、『成分(高保湿かどうか)』をよく見て選んでいますか?

クレンジングは、肌にしっかり『潤いを残してくれるもの』を使っていますか?

「間違いだらけのスキンケア」で自身の肌を「乾燥肌」に向かわせていたのは他でもない「私自身」でした。

 

皮膚科医の方もおっしゃっていましたが、実は、

肌質は日々のスキンケアで変えることができるんです。

 

先ほど「油分を塗ればこまめなうるおいケアもアリ」だとお話ししましたが、

仕事に没頭していると、潤いミストや乳液で頻繁にケアするわけにもいきませんよね。

あぁ今日もケアできずに、肌がパリパリに乾燥してしまった…(´;ω;`)

なんて、毎日ため息をつきながら、過ごしされているんじゃないでしょうか?

 

ですが、「しっかりケアしたうるうる肌」を土台としてしっかり作っておけばば、

こまめなケアも高級なパックも、全く必要ないんですね。

 

私もスキンケアを見直したことで、肌質がかなり変わりました。

一度も職場で化粧スプレーをしていないのに、夕方まで「乾き」を感じずに1日を過ごすことも、今ではできています(´;ω;`)(感涙)

(気のせいかと思いましたが、計ってみると、「肌の潤い数値」も、劇的に上がっていました。)

↑↑すっぴん肌

 

そんな私が、「オフィスのエアコンでも乾燥しないスキンケア方法」をお伝えしていきたいと思います。

「乾燥に強い化粧水」使っていますか?

「保湿」と言われて、まず真っ先に思いつくのが、化粧水、クリーム(乳液)だと思います。

今お持ちの化粧水は「①ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド」が「②高配合」された「③3,000円以上」の化粧水でしょうか?

もしどれかが当てはまっていなければ、「化粧水の改善の余地が大いにあり」です。

 

ひとつずつお話ししていきますね。

①化粧水には「ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド」が入っていた方が良い理由

「ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド」には「湿度が下がっても、水分を抱え込んだり挟み込んだまま」にしてくれる役割があります。

その中でも「セラミド」はかなり優秀で、しっかりと水分をキープしてくれる役割があります。

もしこれらの成分が今お使いの化粧品に入っていなければ、別のものを検討する「余地あり」です。

>>参考:セラミドの摂取は肌に本当に効果ない?スキンケアやドリンクを日常的に使う乾燥肌の私が、実証レビューします

 

②「ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド」高配合の確認の仕方

今お使いの化粧水の成分に「ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド」が入っていたからと言って安心するのはまだ早いです。

「ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド」の成分は、成分表のどの位置に書かれていますでしょうか?

上位に記載されていればされているほど、「高配合されている」証拠で、その分実感できる効果も大きくなります。

 

例えば以下の成分表の通り、成分表の上位に「セラミド」の表示があれば、「ほかの成分より高配合されている」という一つの指標になります。

エトヴォスモイスチャライジングセラム 成分表

ぺちまま
↑↑ちなみに、エトヴォスはかなり潤うので、私も気に入って使っていますが、セラミドがここまでの種類&高配合されている美容液は珍しいです。

 

③乾燥肌の化粧水は「3,000円以上」がおすすめな理由

ただ、「ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド」が入っていて、成分表に上位表示されていても、

その成分が本当に高配合されているのか、質のいいものなのか、パッと成分表を見ただけでは、実は分からないんですね。

 

ただ、一つ指標になるものがあり、それが「値段」です。

広告費もありやたら高い値段になっているものもありますが、だいたいの化粧水は値段と中身の品質は一致します。

ぺちまま
私もプチプラの化粧水~いい値段のものまで20種類以上使ってきましたが、肌体感しても、「価格≒質」というのは実感しています。

 

今お使うの化粧品は、「3つの条件」は満たしていましたか?

今お使いの化粧水が、ここでお話しした3つの条件を満たしていないなら、

化粧水・クリームを変えただけで、一気に「乾燥感」は減るかもしれません。

逆に満たしていないなら、化粧水を変更することで、劇的に肌の水分量はアップするかもしれません。

あわせてよみたい

もし、「乾燥に強い化粧水」を迷われている方は、下の記事も参考にしてみてくださいね↓↓

>>参考:敏感肌&乾燥肌におすすめの化粧水は?20種類以上の化粧水を試した私が、トップ10を口コミランキング!

ぺちまま
1番使って乾燥しなかった&コスパが良かったのは、セラミド入りのエトヴォスのモイスチャ―ライン です。美容液も乾燥に◎でした。

 

クレンジングはオイルタイプのものは使わないで!クリームタイプが◎

「クレンジングをオイルタイプのもので落としている」と言う方は要注意です。

オイルタイプのクレンジングは、一気にスルンと落とせるので、場合によってはかなり使い勝手が良く、重宝すると思います。

ですが、オイルタイプのクレンジングは、乾燥肌には大敵です。

オイルタイプは、どうしても肌の油分を奪い去っていってしまうからなんですね…。

 

もしオイルタイプのクレンジングを使われている方は、

クリームタイプのクレンジングも検討してみてください。

クレンジングは様々な種類がありますが、

クリームタイプのクレンジングは比較的洗浄力高めで、低刺激、かつ肌の水分を奪いにくくなっているからです。

 

「乾燥に強いクレンジング」を知りたい方は、下の記事も参考にしてみてくださいね↓↓

>>参考:敏感肌の私が、「肌に優しい上によく落ちる!」と感激したクレンジングおすすめ4つを口コミランキング!クリームタイプや市販品もありました

ぺちまま
クリームタイプのクレンジングは様々あり、詳しくは下でお話ししていますが、乾燥肌におすすめなのはノブIIIのクレンジングでした

 

洗顔料も、なるべく「肌に潤いを残すもの」を使って!

洗顔料も、乾燥肌で固形石鹸を使っているなら、違うものを検討されることをおすすめします。

石鹸タイプのものは、肌に優しめのものもありますが、どうしても「肌のうるおい」を奪いさっていってしまうものが多いからです。

 

どれがおすすめかと言うと、

「肌に潤いを残す」フォームタイプの洗顔料を選んだ方がいいですね。

 

「乾燥に強い洗顔料」を知りたい方は、下の記事も参考にしてみてくださいね↓↓

>>参考:敏感肌・乾燥肌におすすめの肌に優しい洗顔料は?無添加歴30年の私が実際使った5つを本音で口コミランキング

ぺちまま
敏感肌・乾燥肌の私が10種類以上使い比べた中で、個人的にコスパ×効果を考えるとオルビスユー の右に出るものはいませんでした。

 

乾燥がひどいなら、内からの「セラミドケア」も有効

「スキンケアはもうすでに実践している…それでも乾燥がひどいから悩んでいる!」

あるいは

「スキンケアを全部変えるなんて、金銭的にも今は余裕がない」

という方には、手っ取り早、くコスパ良く「潤い」を取り戻せる方法が1つだけあります

ぺちまま
私の知る中で「効果」に対する「コスパ」が抜群のケアです。

 

それは「セラミドを口から摂取すること。」

 

実は、さきほど「化粧水」の箇所でセラミドを「潤いをキープしてくれる最強成分」とお話ししましたが、

セラミドは塗るだけではなく、実は、口から摂取しても、同様の効果が見込めるんです。

 

いや、「セラミドを口から摂取すること」は、内側からのケアなので、

「顔」だけでなく、「手」「かかと」「ひじ」など全身の乾燥が気になる方にも◎なので、化粧水以上の広範囲で「潤い」ケアできるとも言えますね。

※「これだけでOK」と言うわけではなく、化粧水はもちろん必須ですが。

 

実はセラミド、先ほどお話ししたように、化粧水で使うと「肌に潤いをキープして逃さない」性質もありますが、かなり高価な成分です。

ですが、「飲むセラミド」で、最近めちゃくちゃいいものが、出ていたんです。

 

それは、トクホとして国内で初発売された、オルビスのディフェンセラ

ディフェンセラには「グルコシルセラミド」が入っていますが、トクホでないセラミドドリンクが300円強する中、ディフェンセラは1日100円弱で続けていくことができます

ぺちまま
個人的に、今年1月の発売からずっと飲み続けて、もう2箱目に突入しているほど、かなり気に入っています♡

 

薬機法が厳しいのであまり効果をべらべら言えませんが、

  • 肌の乾燥だけでなく
  • 手のガサガサ
  • かかとのガサガサ
  • 全身のあらゆる箇所の乾燥

に悩んでいた私も、発売当初からずっと気に入って、今も飲み続けています♡

ぺちまま
乾燥の季節は特に、手放せません。

 

ちなみに、「セラミド」って、単に乾燥を防ぐだけではなく、乾燥による小じわや毛穴、くすみにも効果が期待できるんですよ。

ぺちまま
封を開けてサッと飲むだけなので、オフィスで飲んでも◎ですし、オフィスでの乾燥対策には、もってこいです♡

 

「職場での乾燥が気になるけど、スキンケアを全て変えるのは高すぎる…」と迷われている方は、

一度騙されたと思って試してみてほしい、個人的に一押しのスキンケアです(サクラとかじゃなく、本音です。)。

ちなみに現在ディフェンセラは、発売されたばかりと言うこともあって、こちらのページ限定で500円OFFのキャンペーン中 です。

※キャンペーンは突然終了する場合がありますのでお早めにチェックされてみてください↓↓

>> オルビスのディフェンセラの詳細はこちら

あわせてよみたい

本気で感動して、リピ買いして飲んでいます。乾燥の季節は飲み続ける予定です!↓

オルビスディフェンセラの効果を正直に口コミ!1か月飲んだ30代カサカサ肌主婦のレビューとは?

 

職場でのエアコン乾燥対策、基本的なことはできていますか?

さて今まで「職場に行く前に家でできるスキンケア方法」を中心にお話ししてきましたが、

「職場でできるエアコン対策」はできていますでしょうか?

スキンケアを変えることで変わることも多いと思いますが、

エアコンの肌の乾燥だけでなく、のどや髪の乾燥なども引き起こしてしまうので辛いところ…。

風邪をひきやすくなったり、髪の毛のパサつきの原因にもなってしまいますよね💦

様々な不調の原因にもなってしまう「乾燥」、職場でのケアも以下の点にも気を付けて行ってみてくださいね♡

濡れタオルを近くにおいておく

家でエアコンをかけた中に洗濯物を干すと、いくらか乾燥感が和らぎますよね。

それと同じで、オフィスにも小さめの「濡れタオル」を置いておくことで、肌だけでなく、のど、髪の乾燥も防ぐことができます。

ハンカチなど小さいもので大丈夫なので、小脇に置いておきましょう(*^^*)

ぺちまま
家でもエアコンの中洗濯物を干していると、いくらか乾燥感はマシになりますよね。

とっても簡単にできる方法なので、ぜひ取り入れてみてください(^^♪

 

小型加湿器を置く

簡単に「オフィスの乾燥」を和らげる方法は、「加湿器をつけること」です。

職場によってはNGのところもありますが、私の職場で女性の多い部署は皆、卓上加湿器を自分の机のそばに置いています。

パソコンのそばでも使いやすい、オフィスで使えるUSB型の加湿器もありますので、もし職場でOKが出るなら、検討してみてもいいかもしれません。

 

マスクを常備する

とはいえ、加湿器がつけられる職場はそう多くはないと思います。

手っ取り早く誰でも自己防衛できるのは「マスク」ですね。

もう実践されている方も多いかと思いますが、あまり変化を感じていない方は、、内側が濡れているマスクなんかもおすすめです。

(内側に塗れガーゼを入れる方法も、「潤いケア」には有効です。)

 

メガネで乾燥をガードする

目の周りが乾燥してしまう方は、仕事をしているときだけでも「メガネをかける」というのは「目元の乾燥対策」には有効です。

最近は「ブルーライトメガネ」「花粉メガネ」など様々な種類が出ているので、検討してみてくださいね。

 

まとめ

オフィス(職場)の乾燥対策、もしかしたら盲点だったものもあったのではないでしょうか?

後の方でご紹介したマスクやら濡れタオルなどはすでに実践されている方も、多いんじゃないかと思います。

ですが「スキンケア自体を変える」と言うことは意外に盲点だったのではないでしょうか?

 

個人的には、スキンケアを変えたことで、

「オフィスで肌がパリパリに乾燥する」という事態はかなり避けられるようになり、

全くとは言いませんが、昔ほど乾燥が気になることはなくなりました。

(↑すっぴんですが、今はエアコンの中にいても、こんな感じで「潤い」は保たれています。)

ぺちまま

乾燥による目じりの小じわ」「ファンデーションの、ほうれい線当たりのひび割れ」もかなり減りました!

毛穴」も目立たなくなったので、やはり乾燥のせいだったのかも…

 

とは言っても、努力はしました。

  • 湿度が下がっても潤いキープしてくれる「セラミド入り」の化粧水に変える
  • クレンジングをクリームタイプに変えて肌の乾燥を防ぐ
  • 「肌のうるおい」を残してくれるフォームタイプの洗顔料をなるべく使う
  • 内側からセラミドを補給する

全部を一気に変えることは難しいかもしれませんが、

個人的には「飲むセラミドケア(オルビスディフェンセラ )」は、本気で一押し!

サラサラと甘いラムネのような粉を「口に含むだけ」、リーズナブルに続けられるのに、

かなりオフィスでの乾燥感を助けてくれたと感じています。

ぺちまま
顔だけでなく、手やひじ、髪の毛、全身の隅々にまでセラミドが届き、「パリパリ肌」の救世主になってくれました…♡

 

年々肌の水分量は少なくなっていき、若いころはそこまで気にならなかった「乾燥」も、30代、40代になるにつれてどんどん気になるようになっていきます。

ただそこで間違ったスキンケアを続けていると、どんどん肌の乾燥はひどくなる一方💦

 

ですが、ケアがしっかりできていなければ、「オフィスでの肌の乾燥」を避けられる余地は大いにあるんですね。

職場の状況が変わらなければ、どうしても自分自身が予防線を張っていくしかないですよね💦

これを機に、これらの「うるおいケア」試して、乾燥感が少しでも和らげば、と思います。

 

今までの「何か」を変えれば、あなたの明日はきっと変わります。

この記事を読んでいただき、「何か」を実践してみて、1か月後には、オフィスの乾燥が気にならなくなっていれば、嬉しいです♡

⇒もう一度「乾燥に強い肌を作るスキンケア」をチェックしてみる