ルンバのスケジュール機能は子育て主婦には必要?




私はルンバを使用して3年になる、育児中の共働き主婦です。

子供は3歳と0歳でまだ小さく、「汚すのが仕事!」とばかりに毎日家中を散らかし放題です。

仕事をしながら子供達の世話をして、さらに家事・・・

 

特に汚され続ける家を掃除するのは、本当にストレスが大きかったです。

少しでも負担を減らすべくルンバを導入したわけですが、これが大正解でした。

 

今では、ルンバなしでは共働きである我が家の平穏は保たれない!と断言できるほど便利に使っています。

そんなに便利なルンバには、「スケジュール機能」というものがついています。

この機能、実は初めは「なくても良いんじゃないの?」なんて思っていたんです。

ところが実際に使ってみるとルンバの便利さ5割増し、くらいに思える機能でした。

 

【結論】ルンバのスケジュール設定は面倒だけど、あったらとっても便利!

結論として、スケジュール機能はなくてもそこまで困らない。

だけど、一度設定さえ済ませてしまえば、共働き子育て家庭である我が家には、使い勝手はとっても良いものでした。

(私の持っているルンバ885では、スケジュール機能の設定は若干面倒なのですが…(;^ω^)

あとでご紹介しますが、この設定も新しい機種ではもっと簡単にできるようです!)

 

共働きの我が家の朝はとにかくバタバタと忙しいので、うっかりルンバのスイッチを入れ忘れて、そのまま家を出てしまうなんてこともしばしばあったんですね。

それが、スケジュールさえ一度設定しておけば、スイッチを入れ忘れたって、時間になれば勝手にお掃除してくれます。

家に帰って、掃除が済んでいるのと済んでいないのとでは、気持ちが全然違います。

家を出て「あっ・・・スイッチ入れてない・・・」と気付いた時のあのガッカリ感がなくなるのは本当に嬉しかった。

「忙しいからルンバを導入しよう!」と考える共働き家庭にとって、ルンバのスケジュール機能は「なくても困らないけど、あったらより便利」と言えると思います。

 

ルンバのスケジュール機能の使い方

ちなみに、デメリットとして、「設定が若干面倒」とお話ししましたが、どれぐらい面倒なのか見てみましょう。

私の使用している機種はルンバ885です。

3年ほど前に購入したものなので、ちょっと古いんですよ。

ですので、設定方法に関しては正直面倒なんです…。

まずは、スケジュール設定から見ていきたいと思います。

スケジュールを設定する

①電源を入れる

②スケジュールボタンを押す

③曜日(DAY)ボタンを押して設定する曜日を選ぶ

④時間(HOUR)ボタンを押して時間を設定する

⑤分(MINUTE)ボタンを押して分を指定する

⑥OKボタンを押す

こんな感じです。

特に曜日や時間を選ぶときに、まるでガラケーのように何度もボタンを押して、目当ての曜日や時間まで進めるのが少々面倒くさいです。

「進む」はできても「戻る」ができないので、うっかり押しすぎると、もう一周目当ての曜日や時間が来るまで押し続けなくてはいけません…。

さらにこのルンバ885では、曜日ごとにスケジュール設定を行う必要があります。

月曜から金曜は仕事だから12時45分にルンバを動かしたいな、と思えば、上記の手順を月曜から金曜の5回分行う必要があります。

一度設定してしまえばなんてことはないのですが、正直初回は手間がかかりました(;^ω^)

 

スケジュールを変更する

ちなみに、スケジュール変更も少し面倒…。

設定したスケジュールを変更するときは、予約した時と同じようにスケジュールボタンを押して、曜日ボタンを押して、時間ボタンを押して…と繰り返します。

「そうはいっても、掃除の予定を変更することなんてそうそうないでしょ」と思いますよね?

私もそう思っていました。

 

ですが、ワーママあるあるとも言える、「子供の発熱」で仕事を休んだ日。

体調が悪くぐずる子供をようやく寝かしつけた・・・と思ったら、ルンバが「ブゥゥーーーン」と動き出して子供の目が覚めてしまった!なんてことも実際にありました(;´Д`)

他にも、予防接種のために半休を取って家にいたり、台風で自宅待機だったり。

意外とスケジュール通りに行くことって少ないんですよね。

 

夜勤があったり変則勤務のお家だと、いちいち設定するのはもっと大変なんじゃないでしょうか。

ルンバ885では設定の変更などは本体のボタンを押すしか方法がありませんので、不便だと感じることが多くありました。

 

スケジュールを消去する

スケジュールを消去することもできます。

変更だけでなく、予定そのものを消去するときも手順はほぼ同じです。

スケジュールボタンを押して、曜日ボタンを押して、消したい曜日を選んだら、曜日ボタンを長押しします。

そうすると、その曜日のスケジュールだけ消去されます。

一度設定してしまえば時間通りに動いて楽なのですが、設定が若干面倒ですね…。

とはいえ、平日規則勤務の我が家では、一度設定してしまえば自動で動いてくれるルンバのスケジュール機能にはお世話になりまくりましたね。

 

ルンバのスケジュール機能付きがおすすめなのはどんな人?

では、ルンバのスケジュール機能付きが必要なのはどんな人なのでしょうか?

朝とにかく忙しい!人

子供がいて共働きだと、朝は戦争ですよね。

たとえルンバのスイッチを入れるだけの動きでも、減らせるものはとことん減らしたい、というのが本音です。

スケジュール機能があればとことん掃除にかける時間を節約できて、そのほかの家事や子供の世話をする時間の余裕が生まれます。

不在の日が決まっている人

スケジュールは平日だけ、月水金だけ、土日だけ、などフレキシブルに設定できます。

(ルンバ885では、動作は1日1回設定です)

仕事の曜日が決まっていたり、子供の習い事などで家を空ける曜日が決まっているなら、スケジュール設定しておくのが絶対に便利です。

とにかく掃除をルンバに任せたい人

決まった時間になればルンバが動く!という縛りがあれば、部屋を簡単に片付けたり床に物を置かないといった行動が習慣になります。

どうせルンバを導入するなら、しっかり使い倒したいですよね。

「片付けた時だけ」ルンバを起動するのと、「毎日ルンバが起動する」から片付ける、の二者であれば、断然後者の方がルンバを使いこなして部屋が綺麗に保てます!

 

スケジュール機能付きでオススメのルンバ

現在、どのルンバにもスケジュール機能が搭載されています。

しかも調べてみると、スケジュール機能もどんどん進化して、アプリでささっと設定や変更ができるようになっているようです。

たとえばルンバi7+、ルンバi7など。

夜勤のある人や変則的な勤務の人など、決まった時間に使用するわけではない人には、アプリで簡単に操作できるというのはかなり便利そうだと思います。

 

私のように平日だけ仕事という人でも、小さい子供がいると、何かと予定が変更になることって多いですから。

 

そういう時にも出先から簡単にルンバを操作したり、スケジュールの変更ができるタイプのルンバは「使い勝手良さそうだなぁ」と感じます。

スケジュール機能が便利なのはもとより、その設定も簡単になっているとなれば、こんな嬉しい話はないですね。

スケジュール機能だけではなくて、様々な点で私の持っている885を格段に上回っているので、私も新しい機種に買い換えたくなっちゃいました。

 

中でもルンバi7+は、スケジュールをアプリで管理できる上に、ゴミ捨ての手間を大幅に減らせる仕組みになっていたり、掃除するお部屋を選んでルンバを動かせたり…。

共働きで家を空けがちな家庭に、ぴったりの機能が盛りだくさんのようでした。

次買い換えるならコレかなぁ、なんてついつい考えちゃいます。

 

そうはいってもルンバi7+は、最新機種だけあってお値段も少々お高めでした。

それだけ便利とはわかっていても、初めてルンバを購入しようかという時にはちょっと腰が引けてしまうお値段ですよね。

そんな人にはルンバe5がぴったりかもしれません。

 

お値段はリーズナブルながら、しっかりスケジュール機能もついています。

もちろんアプリでスケジュール管理可能です。

ゴミ受けが水洗いできるなど、お手入れのしやすさも◎で、使い勝手の良さは間違い無いと思います。

ルンバは公式HPからも購入できるほか、アマゾンや楽天といったお馴染みの通販サイトにも出品されています。

中には並行輸入品や中古品、劣化版の模倣品なども混ざっていますので、

購入の際には正規販売店が出品しているものかどうか、アフターサービスの有無なども確認して選んでみてくださいね。

  アイロボット公式ストア Amazon 楽天
ルンバi7+

140,270円

(送料無料)

140,270円

(送料無料)

140,270円

(送料無料)

ルンバi7

107,870円

(送料無料)

107,870円

(送料無料)

107,870円

(送料無料)

ルンバe5

53,870円

(送料無料)

 

 

53,870円

(送料無料)

 

 

53,870円

(送料無料)

 

販売業者 正規販売店 正規販売店、その他販売店 正規販売店、その他販売店
返品保証 未開封未使用の場合、8日以内 未使用未開封の場合、30日以内(正規販売店)
出品者による(その他販売店)
未使用未開封の場合、8日以内(正規販売店)
出品者による(その他販売店)

 







よく読まれている記事