敏感肌の私が、「肌に優しい上によく落ちる!」と感激したクレンジングおすすめ4つを口コミランキング!クリームタイプや市販品もありました




肌に優しいクレンジングを使っているけど、どうもイマイチ落ちていない気がする…

敏感肌だけど、肌に優しくて、すぐに化粧が落ちて、毛穴もきれいになって、でも値段もそこまで高くない。そんなクレンジングはないの?

と探されていませんか?

 

私も大学生のころ、無理な化粧と、ドラッグストアのふき取りクレンジングを使っていたことで、肌が真っ赤になり、その経験から

クレンジングは絶対肌に負担のない、できるだけ無添加のもの

と決めています。

 

ただ、「肌に優しい」と言われるクレンジングを渡り歩いてはきたのですが、念入りに洗ったつもりでも、

いくら肌に優しくても、「なんだか汚れ落ちはイマイチ…」なんて思ってしまったこともありました。

肌に優しすぎて、汚れ落ちが十分でないと、化粧が完璧に落ちていないのか、逆に吹き出物が出てきてしまうことも…。

(マスカラも残って、お風呂から出たあとなのに、目の下が黒かったり(;^ω^)汗)

 

それからたくさんのクレンジングを使い比べてきたのですが、最近になって、

肌に優しいのにスルンと落ちて、毛穴もなくなる!これ神!

と思うほどのクレンジングを見つけてしまいました。

「1位」と「2位」でご紹介するものですが、私の中では「もうこれ以外は使えない」と言うほど、ダントツお気に入りです。

 

でも、その前に…「肌に優しいクレンジング」ってどんなもなのでしょうか?

敏感肌にピッタリ合いそうな「クレンジングの種類」をおさらいしてみたいと思います。

>>先にランキングをチェックする

ぺちまま

<プロフィール>

生まれつき肌が弱く、あまりにも強い成分が入っているとかぶれてしまう敏感肌。

そこで、できるだけ肌に優しいスキンケアを心がけ、肌に優しいクレンジングを探して、試してきたクレンジングはもう10種類以上

その経験をもとに、ブログで「本当に良かったもの」だけを紹介している。

すぐ読みたいときの見出し

敏感肌に本当におすすめのクレンジングの種類は、クリーム、ジェル、ミルク、シート、オイルの中のどれ?

クレンジングには一般的に

  • シートタイプ
  • オイルタイプ
  • ジェルタイプ
  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ

の5種類があります。

巷では、オイルタイプは「肌への刺激が強いから×」、ミルクタイプは肌への刺激がないから「敏感肌にはおすすめ!」なんて言われていますよね。

もしかするとあなたも「ミルクタイプ」や「クリームタイプ」のクレンジングを探されているんじゃないでしょうか?

ミルクタイプやクリームタイプは確かに肌に優しいので、その選び方は間違ってはいないと思います。

ただ、実際敏感肌の私が、たくさんのタイプも使ってみてわかったのは、

敏感肌には「必ずしもミルクタイプ(クリームタイプ)のクレンジングがいいとは限らない」

ということでした。

 

下の表を見てください。

それぞれのクレンジングタイプについて「刺激性」「汚れ落ち」を基準に表を作ってみました。

本当に肌に負担をかけないのは、どのタイプのクレンジングなのでしょうか?

⇔スクロールしてみてくださいね。

  シート オイル ジェル クリーム ミルク
刺激性 × △~〇
汚れ落ち △~〇
総評 × (一般的には「乾燥しやすい」と言われますが、成分を選べば、こすらず落とせるので、逆に負担をかけにくい。 △(肌には優しいものの、メイク落ちは今一つ。メイクが肌に残り、逆に肌荒れすることも。) (オイルよりは劣るが比較的洗浄力高めで、低刺激のものもある。
ただ、水に弱く使いづらい点も。)
△(肌には優しいものの、メイク落ちは今一つ。メイクが肌に残り、逆に肌荒れすることも
敏感肌のどんな人向け? 敏感肌には刺激が強すぎて、向きません。
  • マスカラなどしっかりめのメイクを毎日する
  • 毛穴の汚れ落ちを重視する人向け
日焼け止めやかなり薄いメイクなど、メイクをほとんどしない人向け
  • 毎日メイクをする人向け
  • とにかく肌が弱い人向け
日焼け止めやかなり薄いメイクなど、メイクをほとんどしない人向け

表を見てもわかる通り、結論から言うと、クリームタイプオイルタイプが、敏感肌には使いやすいクレンジングです

ただもしかするとこれを見て、「オイルクレンジングって肌に負担がかかるんじゃないの?」と思われているかもしれません。

 

ただ、「敏感肌」と一概に言っても、

  • 乾燥がひどい人
  • 季節の変わり目に肌が敏感になってピリピリする人
  • 今まさに肌の皮むけまで起こってしまって、肌の状態がひどい人…

様々なタイプの方がいるかと思います。

あなたはどのタイプの敏感肌でしょうか?

 

今まさに皮膚がただれてしまっている

あまりにもひどい乾燥肌に、年中悩んでいる

という人ならセオリー通り、クリームタイプのクレンジングを選ばれた方がいいと思います。

注意

一概に「クリームタイプ」と言っても、「肌に負担の大きいもの」から「肌に優しいもの」まで様々なので、選ばれる際は注意してください。

 

ただ、どうしてもクリームタイプはどうしてもオイルに比べてメイクが落ちにくいのが難点…。

肌には優しいのですが、そこだけが少し残念ポイントです。

目の際のラインや、ウォータープルーフマスカラなんかは、ごしごし頑張ってこすっても、なかなか落ちないものがたくさん…。

メイクがしっかり落ちていないと、メイク汚れが酸化して、毛穴に詰まってしまったり、雑菌が繁殖して、ニキビの原因にもなってしまうことにもなりかねません…。

実際、私もクリームタイプに変えてから、化粧残りがあるのか、吹き出物が出てしまったこともありました。

 

それに悩んだ私は、様々なタイプのクレンジングを使ってみることにしました。

すると、一般的には「脱脂力が強い」「肌に刺激がある」といわれていたオイルクレンジングなんかが、意外にいい役割をしてくれていることに気づいたんですね。

よくよく調べてみると、「オイルクレンジングは脱脂力が高い」というのは、一概には言えなくて、

「オイルクレンジングの中でも『ミネラルオイル』を主原料にしたクレンジング」が脱脂力が高いので、敏感肌の人は敬遠すべきなんですね。

 

なので、まとめると、

  • ある程度の基礎化粧品は合うけど、たまに合わない化粧水があったりするくらいの敏感肌の方
    ⇒『ミネラルオイル』が入っていないオイルクレンジング
  • 今まさに、季節の変わり目などで皮膚が荒れてしまっている」「あまりにもひどい乾燥肌に、年中悩んでいる」方
    クリームタイプのクレンジング

をおすすめします。

(全タイプを使ってみた個人的な感想です。)

 

でも、どんなクレンジングが条件に合っているの?

とそこを悩まれているんじゃないかと思います。

 

そこでここでは、敏感肌で、クレンジングジプシーに陥った私が、

敏感肌でも優しい処方で使えたもの、使ってみてよかったもの4つをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

内容としては、今までお話しした条件に合っている、「オイルクレンジング」「とクリームタイプクレンジング」です。

(ちなみに下の方で、△かも…と感じたクレンジングもこっそり紹介しています。)

ではいってみましょう!!

先におすすめクレンジングの比較表を見てみる

敏感肌に本当におすすめできる肌に優しいクレンジングはどれ?クリームタイプや市販品含め口コミ付きでランキングしてみた

4位 「毛穴汚れ」に悩んでいるなら、【おひさまでつくったクレンジングオイルe(オイルタイプ)】がおすすめ

 

化粧落ち ★★☆☆☆
毛穴汚れ落ち ★★★★☆(毛穴汚れ落ち◎)
肌へのやさしさ ★★★☆☆
コスパ ★★★★★
クレンジングの種類 オイルクレンジング(油脂クレンジング)
総合評価 65点

ピンポイントに「毛穴汚れ」で悩んでいる、敏感肌の方におすすめなのが、おひさまでつくったクレンジングオイルeです。

これは、オイルクレンジングオイルに分類されますが、「油脂クレンジング」という比較的肌に優しいオイルクレンジングを使っているのが特徴です。

「メイク落としとして使う」と言いうよりかは、「小鼻の黒ずみにかなり悩んでいる」敏感肌の方の、「部分使い」にかなり適しています

 

ほぼ毎日メイクをする方は、1位~3位のクレンジングの方がおすすめですが、土日など、メイクをしたりしなかったりする日もありますよね。

そんな時役立ってくれたのが、おひさまでつくったクレンジングオイルe。

 

私も「頑固な小鼻の黒ずみ」に悩んでいますが、確かに、「小鼻の黒ずみ」に関しては、かなりきれいになり、感動したのを覚えています。

 

ただ、「メイク落とし」として普段使いするには少しイマイチかも…💦

 

私もコスパが良いので、このクレンジングのみでしばらく化粧落としをしていたのですが、

2~3日ほど経って「なんだか、吹き出物もできているし…肌荒れしてきた?」と思ったんですね。

このクレンジング自体は肌に優しめのものなんですが、イマイチメイクが落ち切れていないのが原因でした。

ぺちまま
マスカラも、ゴシゴシしないとなかなか落ちないのが残念…💦

おひさまでつくったクレンジングオイルeは、顔全体に使うには、メイク落ちが足りないの印象でした。

とはいえ、「小鼻の黒ずみ用」としては、かなりいい働きをしてくれるので、1本は常備しています。

 

コスパも悪くないです。

トライアルボトルはないので、本品にはなってしまいますが、本品自体めちゃくちゃ高い印象はないです。

  公式ページ Amazon 楽天市場
値段(1本) 1,296円(+送料432円) 1,799円~(+送料350円) 1,296円(+送料555円)~
販売元 エリデン化粧品 非公式販売業者 非公式販売業者
返品保証 記載なし ×なし ×なし

※税込み表示

ただ、送料が少し高く、本品は意外に小さめ&たくさん出さないと落ちないので、1位2位のものに比べるとコスパはイマイチかもしれません。

また、市販ではほとんど見かけないので、買うならネット通販になってしまうかと思います。

ただ、「小鼻の黒ずみにかなり悩んでいる」敏感肌の方の、「部分使い」にはかなり適していると思うクレンジングです

>>おひさまでつくったクレンジングオイルの詳細はこちら

 

3位 とにかくコスパが良いものを!と思っている方向け【アテニア クレンズオイル(オイルタイプ)】

化粧落ち ★★★★☆
毛穴汚れ落ち ★★★☆☆
肌へのやさしさ ★★☆☆☆
コスパ ★★★★★(コスパ抜群!)
クレンジングの種類 オイルクレンジング
総合評価 70点
キャンペーンページ >>【表示価格より300円OFF】キャンペーンページはこちら

アテニアも一応オイルクレンジングですが、ファンケルのマイルドクレンジングオイルと同じく「ミネラルオイル」の含まれていない、比較的肌に優しめなクレンジングオイルです(アテニアはファンケルのグループ会社です)。

 

アテニアのクレンズオイルがおすすめできる理由は、

何といってもコスパ最強!なところですね。

 

「メイク落ち」で言うと、1位のクレンジングオイルの方が上でしたが、アテニアのクレンジングも負けてはいません。

これから紹介していくクレンジングと同じく、やはり「汚れ落ち」についてはダントツです。

 

実験してみたので下の写真を見てみてください。

アテニアのオイルクレンジングをメイクに「乗せただけ」でもうこんなに溶けだして、

たった5回優しくなでただけで、きれいにメイクは落ちました。

すごくないですか?

 

また成分も、

  • 無鉱物油(ミネラルオイルフリー)
  • パラペンフリー
  • アルコールフリー
  • アレルギーテスト済み
  • ノンコメド処方(ニキビのできにくい処方)

と、敏感肌やニキビ肌でも使いやすいものになっています。

 

また、ほかのクレンジングと違うのは

  • 「くすみ(肌ステイン)」を落としてくれる成分が配合されている
  • 潤いを守る(毛穴、角栓、皮脂もケアしてくれる)アルガンオイルなどが配合されている

こと。

私も30代で、エイジングの悩みが気になってくる年齢ですが、「くすみを落としたい」「毛穴をきれいにしたい」という悩みは大きいです。

そういったこともあり、1位~3位のものとスタメンで使っているクレンジングです。

ぺちまま
化粧水も色々試したりしているので、くすみが減ったのがアテニアのおかげかどうか実証はできませんが、1年前に比べて確実にくすみは減りました。

 

「肌へのやさしさ」だけじゃなく、「エイジングケア」や「コスパも重視する」方は、アテニアが合うんじゃないかと思います。

 

また、コスパも抜群です。

アテニアはほかのクレンジングに比べて、「減り具合」が全く違いますね(笑)

アテニアの製品は「一流ブランドの品質を1/3の値段で」がコンセプトで作られているので、とにかくコスパが抜群です。

 

ただ「コスパ」はいいのですが、超敏感肌や肌荒れしている肌には、オイルクレンジング自体控えておいた方がいいような気もしますね。

ぺちまま
2位で「クリームタイプクレンジング」を紹介していますので、参考にしてみてください。

 

ただ、「現時点で肌荒れしていない方」や「ときどき敏感肌」くらいなら全然使えると思います。

ぺちまま
私も「ときどき敏感肌」ですが、普段は全くピリピリせず、むしろ肌が潤う気がするので、気に入って使い続けています。

 

ただ、初めて使う方は、「少量だけ使ってみたい」と思われるんじゃないでしょうか。

ただ、残念ながらアテニアのクレンジング、お試しサイズは探したのですが、ありませんでした。

ただ、お試しサイズレベルで、お得に試せる場所はありましたよ

公式通販なのですが、本品1,836円300円OFF&化粧水付きで試せるキャンペーン(※公式通販限定)をしています。

一応Amazonや楽天と値段を比較してみました。

  公式ページ Amazon 楽天
値段(1本) 1,836円(送料無料) 1,835円~ 1,728円(+送料650円)~
販売元 アテニア 非公式販売業者 非公式販売業者
返品保証 14日以内返品保証あり ×なし ×なし
特典
  • ドレスリフトローション(化粧水)付き
  • スクラッチでその場で最大300円OFF
×なし ×なし

※税込表示

…上の表で比較してもお分かりの通り、公式通販が一番お得でしたね。

ぺちまま
スクラッチは何回か削れますし、ネットで調べていてもほとんどの人が300円OFFになっているようです(*^^*)

 

本品サイズにはなりますが、思った以上に「ずっしり」。

かなり量が多いので、2~3か月は持ちます

とはいえ敏感肌なら、「合わなかったらどうしよう…」なんて悩みも付きものかと。

でも大丈夫。

私も手に入れる前に調べましたが、アテニアは全商品「使って14日以内なら使っていても返品可能(公式限定)」です。

肌に優しいクレンジングの中でも、「コスパが良いものを探している!」という方にはこれ以上ないコスパのクレンジングだと思います。

>> 【最大300円OFFスクラッチ付き】アテニアクレンジングのキャンペーンページはこちら

2位 とにかく肌が弱い超敏感肌向け【NOV(ノブ)Ⅲクレンジングクリーム(クリームタイプ)】

化粧落ち ★★★★☆
毛穴汚れ落ち ★★★★☆
肌へのやさしさ ★★★★★(肌へのやさしさ抜群)
コスパ ★★☆☆☆
クレンジングの種類 クリームクレンジング
総合評価 75点✨
キャンペーンページ >>【Web限定】クレンジング付きキャンペーンページはこちら

さあ、やっとクリームタイプのファンデが登場しました。(笑)

超敏感肌で、なかなか合うクレンジングがない

季節の変わり目で絶賛肌荒れ中

という方には、いろいろ試すよりも、「とにかくこれを使った方がいいよ!」と本気でおすすめできるのが、ノブⅢのクリームクレンジングです。

 

クリームタイプクレンジングは、私も季節の変わり目に安いものから高いものまでいろいろ試してきましたが、

肌荒れしている中、ピリピリもせずに、肌荒れがひどくもならずに使えたのは、ノブのクリームクレンジングだけだったからです。

 

「クリームタイプ」と一概に言っても、化粧落ちがイマイチだったり、成分がイマイチだったりするものもあります。

メモ 

せっかくクリームタイプを選んだとしても、ミネラルオイルや強めの界面活性剤など「余計な成分」がたくさん入っているものを選んでしまうと、逆に肌を傷めてしまうことにもなりかねないので、気をつけてくださいね。

 

ですが、ノブのクレンジングは、化粧落ちも◎成分も◎で言うことがありませんでした。

 

まずは化粧落ち。

クリームタイプの割には、しっかりなじませると、ラインやマスカラまできれいに落ちてくれます♥

↑↑マスカラは、しっかりなじませないと落ちにくいですが、ファンデーションは2~3回ほどくるくるすると、すぐになじみました

メモ

目元はどうしてもクリームタイプだと、少し時間がかかるので、気になる方はオイルで落とすか、肌荒れ中は薄めのメイクにしておいた方がいいかもしれません。

 

そして、成分も言うことないほど、敏感肌には優しい成分です。

「抗炎症作用」のある、「グリチルリチン酸2K」も配合されているため、現時点で「肌荒れが気になっている…💦」という方には、かなり嬉しい作用が見込めます。

私も、季節の変わり目、本気でノブには助けられました。

 

ただ、1点デメリットを挙げるとすると、値段。

少し値段は高めです💦

ノブのクレンジングは通常サイズで3,780円します。

とはいえ、私は季節の変わり目、ノブしか合うクレンジングがなく、リピ買いしましたが…(;^ω^)↓

 

ただ、さすがに合うかわからないのに、3,000円以上もクレンジングに出せないと思います。

私も初めはサンプルサイズから試してみたのですが、ノブIIIシリーズのセットは良かったですよ。

 

肌荒れしている最中に使い、クレンジング以外の基礎化粧品すべて「抗炎症作用成分」が入っていたので、

肌荒れしていた肌が、きれいによみがえりました。

(効果が本当か気になる方は、こちらのノブのレビュー記事も参考にしてみてください。)

 

たくさん使ったり探してみたのですが、「超敏感肌・超乾燥肌の方が安心して使えそうなクリームタイプクレンジング」はノブのクレンジングくらいでした。)

気になっている方はトライアルをチェックしてみてください(※ネット限定。店舗販売は終了しているセットです)↓↓

>> ノブIIIクレンジングトライアルセットはこちら

1位 とにかく化粧落ちNo.1!【ファンケルマイルドクレンジングオイル(オイルタイプ)】

化粧落ち ★★★★★(化粧落ち抜群!)
毛穴汚れ落ち ★★★★☆
肌へのやさしさ ★★★☆☆
コスパ ★★★★☆
クレンジングの種類 オイルクレンジング
総合評価 80点✨
キャンペーンページ >>500円(送料無料)お試しキャンペーンはこちら (1,000円相当)

とにかく肌に負担をかけたくないから、サッと化粧汚れを落としたい

毛穴汚れ落ちも気になる

コスパもいいものがいい

という方におすすめなのが、ファンケルマイルドクレンジングオイルです。

 

一般的に「脱脂力が高め」といわれているオイルクレンジングですが、

ファンケルのマイルドクレンジングオイルは少し違うかも。

 

乾燥肌の私でも、乾燥はほとんど感じていませんし、

ジェルクレンジングからファンケルのマイルドクレンジングオイルに変えて、むしろ肌がキレイになった!と感じています。

(もちろん、脱脂力の高い「ミネラルオイル」は入っていません。)

 

初めは「オイルクレンジングって大丈夫かな…?」と不安でしたが、

実際使ってみて、これまで使ってきたどのクレンジングの中でも、ダントツお気に入りになりました。

在庫が切れると不安になるレベルで重宝しています(笑)。

 

オイルタイプのクレンジングなのに、ここまで良い!と感じた理由は、

  • こすらずとも一瞬でスルンとメイクが落ちる
  • 毛穴の黒ずみや肌のザラつきが気にならなくなる
  • 無添加で肌に優しい防腐剤、合成色素、紫外線吸収剤、香料、石油系界面活性剤フリーで痒くも乾燥もない
  • クレンジング後もお肌がもっちり。なのにべたつかない、つっぱらない。
  • 伸びが良いのでコスパが良い
  • 手が濡れていても使える

と、「化粧落ち早い!」「楽!」「肌にも負担なし!」だからです。

 

その中でも感動的なのは「化粧落ちがとにかく早い!」ですね。

初めて使ったとき、こすらずともスルスルスルンとメイクが落ちて感動しましたね。

ワンプッシュ⇒ひと撫でで、キレイにマスカラまで落ちてくれるので、とにかく楽なんですよね(*^^*)

 

家にあるいくつかのクレンジングで実験してみたのですが、「重ね付けしたウォータープルーフマスカラ」を完璧に落としきるまでに、「イマイチなクレンジング」は40~50回かかったのに対し、

ファンケルはたった10回撫でただけで、面白いぐらいきれいに落としきることができたほど(*^^*)

ぺちまま
手に付けたマスカラで実験しているので、マスカラ「10回」となっていますが、

まつ毛につけているマスカラは実際は、ほぼ一撫でで落ちます(*^^*)

とにかく、ここでお話ししてきたクレンジングの中でも、化粧落ち、汚れ落ちはダントツです!

 

また、嬉しかったのは、「肌に負担が少ない」+「汚れ落ちがダントツ」だからか、

ファンケルのクレンジングを使っていると、「お肌のざらつき」が一切なくなっていたんですよ。

たった一度のクレンジングで、ほおのざらつきや毛穴のぷつぷつが気にならないほど、サラサラになったのには本当に驚きました。

 

ファンケルのマイクレはあまりにも人気で、知っている方も多いと思いますが、製品がいいものだからか売れに売れ、すでに7200万本も売れているらしいですよ。

日本の人口が約1億3千万人なことを考えると、すごい数ですよねΣ(・□・;)

肌が弱い乾燥肌の私でも、半年以上気に入って使い続けている、「化粧落ち」に関して、これ以上ないといえるほど素晴らしいクレンジングです。

 

ただ一点だけ注意をお伝えするとすれば、先ほどもお伝えした通り、

「現時点で肌荒れや乾燥がひどい」と悩まれている方は、「クリームタイプのクレンジング」の方がいいかも、ということですね。

 

ですが、「現時点で肌荒れしていない、たまに敏感肌になる」ぐらいなら十分使えると思います。

ぺちまま
私も、季節の変わり目以外は、もうずっとファンケルのマイクレです(*^^*)

もし気になる方は今公式通販限定で、30日分をたったワンコイン(500円(送料無料))で試せるキャンペーン もしているので、一度チェックしてみるのもありかも。

ファンケルは無添加のブランドらしく、開封して「やっぱり合わない…」と思ってしまっても、いつでも返品可能(無期限返品保証)なので、安心して試せますよ。

>> 【通販限定500円】ファンケルマイルドクレンジングオイル30日分トライアルの詳細を見てみる

公式通販限定キャンペーンです↑↑

 

その他人気だけど、敏感肌には評価を落とさざるを得なかったもの

以上のクレンジングはかなり良いものだと感じていますが、

その他、人気ですが、個人的には「敏感肌にいい評価はつけがたかったもの」をご紹介します。

おすすめクレンジングの比較を先に見る方はこちら

※個人の感想です。

成分的に△ カバーマーク トリートメントクレンジングミルク(ミルクタイプ)

雑誌やアットコスメ、ネットでもかなり口コミが良かった「カバーマーク トリートメントクレンジングミルク」。

初め何も考えずに「ミルクタイプだし、良さそう!」と思ったのですが、「待てよ…」と成分表を見てみたら、

水 / グリセリン / PEG-7グリセリルココエート / シクロペンタシロキサン / フェニルトリメチコン / エチルヘキサン酸セチル / ミネラルオイル / BG / カルボキシメチルキトサンミリスタミド / ホホバ油 / (アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー / 加水分解水添デンプン / イソステアリン酸ソルビタン / イソヘキサデカン / カルボマー / グリコシルトレハロース / シトルリン / テトライソステアリン酸ソルベス-30 / トリ(ベヘン酸・イソステアリン酸/エイコサン二酸)グリセリル / ポリソルベート60 / アトラスシーダー樹皮油 / オニサルビア油 / オレンジ油 / ニオイテンジクアオイ油 / ノバラ油 / パルマローザ油 / ベルガモット果実油 / レモン果皮油 / ローマカミツレ花油 / メチルパラベン

  • ミネラルオイル入り
  • パラペン(防腐剤)入り

と、敏感肌には少し厳しい成分が…💦

メチルパラペンは、パラペンの中でも一番肌に負担の少ないものなので、気にしすぎる必要はないにしても、

「ミネラルオイル(鉱物油)」はかなり脱脂力がかなり高いので、クレンジングには絶対入っておいてほしくない成分です。

ということで、購入はあきらめました。

ちなみにランキングサイトで上位になっていた「ポンズ エイジビューティークリームクレンジング」も、ミネラルオイルが入っています。

敏感肌の方以外は気にしすぎる必要はないかもしれませんが、敏感肌の方は「ミネラルオイル入り(△)」かどうかはぜひチェックしたいところです。

 

「落ち具合」が使ってみて△ ハレナオーガニックホットクレンジングジェル(ジェルタイプ)

宣伝でよく出てきて気になって買ってみたのですが、ハレナオーガニックホットクレンジングジェルは、メイク落ちが少しイマイチかなと感じてしまいました💦

天然成分100%で肌によさそう!と思ったのですが、肝心のメイクが落ちないと意味がないので、そこが残念でした💦

 

「落ち具合」が使ってみて△ 松山油脂 保湿クレンジングジェル(ジェルタイプ)

こちら実は、なんとなく2~3年ほど使っていたのですが、「メイク落ち」に不満が出て、買い変えた製品です。

安いですし、敏感肌に優しい処方ではあります。

ですが今思えば、ハレナ同様メイク落ちがイマイチだったので、化粧品が残ってしまい、肌の状態が良くなかったのかもしれません。

 

「落ち具合」が使ってみて△ 無印 オイルフリーリキッドクレンジング

超敏感肌でも肌に優しく、負担がないクレンジングとしては、無印のオイルフリークレンジングが有名ですよね。

ただ正直な話、「普段のメイク落とし」に使うには、かなり物足りなく感じてしまいました。

オイルフリーなので、まつエクをしている方の「ポイントメイク落とし」には結構使えました。

 

「落ち具合」と「肌負担」が使ってみて△ カウブランド 無添加メイク落としミルク

ミルククレンジングの中でも人気になっているカウブランドで、私も使ってみたことがありますが、

メイクが落ちに関してはどうしても、「う~ん」な評価。

あと、敏感肌には少しピリピリするときがあります。

絶対に高いクレンジングを使う必要もありませんが、「安すぎるメイク落とし」を買う際には、成分を気を付けて見た方がいいな、と感じました。

※ここで紹介したものが絶対に悪いわけではなく、すべて個人の感想です。

使い方によっては合う人もいると思います。

敏感肌におすすめのクレンジングを表で比較してみた

さて、ここまで敏感肌におすすめのクレンジングをランキングでご紹介してきましたが、気になったクレンジングはありましたでしょうか?

もしかすると、迷われているんじゃないでしょうか。

そんな方のために、それぞれのクレンジングのいいところ、デメリットを比較して表にしてみました。

まずは成分の比較から。

⇔スクロールしてください。

  化粧落ち マスカラ
つけまつげ 毛穴 保湿 肌へのやさしさ
(成分)
使用後のべたつきのなさ メリット デメリット
【1位】
ファンケル
詳細ページに戻る
とにかくよく落ちる
毛穴汚れもすっきり!
超敏感肌・超乾燥肌にはクリームタイプのほうがおすすめ
【2位】
ノブ
詳細ページに戻る
超敏感肌・超乾燥肌の方におすすめ

・少し高め
・毛穴汚れ、アイラインの際は落としにくい

【3位】
アテニア
詳細ページに戻る
良く落ちるのにコスパが良すぎる!
肌ステイン(くすみ)を除去
超敏感肌・超乾燥肌にはクリームタイプのほうがおすすめ
【4位】
おひさまでつくったクレンジングオイルe
詳細ページに戻る
黒ずみ毛穴ピンポイント使いにおすすめ 濃いメイクはは落ちにくい

 

次に値段の比較です。

⇔スクロールしてください

  総評 キャンペーン 通常価格 内容量 1日当たりいくら?
【1位】
ファンケル
80点✨ >> 500円(30日分)お試しキャンペーン 1,836円 120ml(約60日分) 30.6円
【2位】
ノブ
75点✨ >> 1,500円キャンペーン(基礎化粧品付き) 3,780円 120g(約60日分) 63円
【3位】
アテニア
70点 >> 【最大300円OFF】スクラッチキャンペーン 1,836円 175g(約88日分) 20円
(実質最安✨)
【4位】
おひさまでつくったクレンジングオイルe
65点 なし 1,296円
(+送料432円)
150ml(約75日分) 17.28円
(実質23円)

※◎15点、〇10点、△5点で評価。税込み表示。1日2g使う計算です。

※「おひさまでつくったクレンジングオイル」は一般店舗に置いていないので、購入し続けることを考えると、5,000円(税抜)未満の場合 送料432円なので「実質1,728円」なので、「実質23円/日」です。

 

「使い続けること」を考えたら、ファンケル、ノブは市販でも売っていますし、アテニアはアマゾンのプライム会員なら送料無料なので、比較的続けやすい値段かと思います。

ただ、上記に記した初回限定キャンペーンは、「通販限定」なので気を付けてくださいね。

 

キャンペーンとしては、ファンケルの500円キャンペーン が最強にお得ですね。

ぺちまま
500円(送料無料)で人気クレンジングが試せるのは、破格すぎます。

それぞれに得意な点・苦手な点があるので、表を見比べて、ぜひ「あなたに合ったクレンジング」を、選んでみてくださいね(*^^*)

敏感肌におすすめのクレンジング方法は?これを知って、より肌美人になろう

さて、クレンジング、いいものは見つかりましたでしょうか?

今まで「敏感肌に優しい」クレンジングを口コミでランキングや比較してきました。

でも、落とすためにゴシゴシこすっていては、いくら「肌に優しいクレンジング」を使ったとしても、肌が荒れたり、乾燥したりする原因にもなってしまいます💦

そこで、肌への負担を最小限に減らすために「正しいクレンジング方法」を知ってほしいなと思います。

ぺちまま
サラリとポイントだけお話ししていきますね。

テクスチャはたっぷりと使おう!

「クレンジングをたくさん使いすぎるともったいない」と思って、「必要最小限の量しか出していない」なんてことはありませんか?

「こする刺激」は思った以上に、肌を傷めてしまうため、肌荒れだけではなく、乾燥やシミ、シワの原因にもなってしまいます。

「肌を傷めない正しいクレンジング」のイメージとしては、肌をこすらず、テクスチャが、手と肌の間で動いている感じ

「肌をこすっているな」と感じたら、テクスチャを多めに出して「肌をなでる」を意識してみてくださいね。

 

「すすぎ」は手に取ったぬるま湯で

クレンジングの後、面倒くさいからと、お風呂に入ったお湯で顔を洗ったり、シャワーを直接顔に当てて洗ったりしていないでしょうか?

その習慣をずっと続けていると、皮脂を取りすぎてしまい、肌荒れや乾燥につながってしまいます。

すすぎは「手に取ったお湯で」「35~36度のぬるま湯」を意識して洗ってみてください。

私も実は面倒くさがりで、お湯やシャワーでを使っていたのですが、ぬるま湯を使うようになってから、肌刺激や乾燥感は少なくなったように思います。

 

クレンジングは色が変わってから洗い流そう

  • クリームタイプはもともと白色ですが⇒メイクとなじんで肌色っぽくなってから
  • オイルタイプは元々透明ですが、化粧となじませた後、ぬるま湯を少し加えてなじませ⇒全体が白っぽくなってから(乳化)

洗い流すようにしましょう。

 

どうしてこの乳化の作業が必要かというと、乳化をするとこで、

水と油がまじりあって、メイク残りなく、しっかりメイクを落とすことができるからです。

メイク残りや、それによる肌荒れが気になっている方は試してみてくださいね。

 

クレンジングでマッサージは厳禁!

よく「マッサージもできるクレンジング」がありますが、

敏感肌の方や肌の弱い方には、「クレンジングでマッサージ」はおすすめできません。

なぜかというと、クレンジングは、どれだけ肌に優しいものを使っていようと、どうしても肌には負担のかかる成分は入っているものです。

そこに無理な力をかけて、肌をこすってしまうと、乾燥や肌荒れが助長されることにもなりかねないからです。

角栓を取るために「鼻パック」をする際も、1~2分など部分的に時間を決めて行うようにしてくださいね。

 

基本的にW洗顔はした方がいい

「W洗顔不要」のクレンジングはいくつかあります。

「洗顔までしてしまうと、敏感肌には肌刺激になる」という説明もよく見かけますが、

基本的にはW洗顔はしておいた方が、逆に肌のためになる場合もあります。

 

というのも、どんなに肌に優しいクレンジングでも、界面活性剤が入っているから。

クレンジング後肌がぬるぬるした感じがしたことはありませんか?

それは肌に油分が残ってしまっている証拠です。

油分や界面活性剤が肌に残ってしまうと、肌荒れの原因にもなるので、

特に、ニキビや吹き出物ができやすい肌の方は特に、W洗顔はしておいた方がいいと思います。

あわせてよみたい

肌に優しい洗顔料はこちらも参考にしてみてください↓↓

>> 敏感肌・乾燥肌の洗顔料おすすめは?無添加歴30年の私が実際使った6つを本音で口コミランキング

さいごに

肌に優しいクレンジングを探していて、「今まで常識だと思っていたことが、実は誤解だった」ということがあったんじゃないでしょうか?

 

私も「クレンジングはクリームタイプやミルクタイプがいいんでしょ。」なんて、たいして勉強もせずに思っていたのですが、

色々試してみたり、勉強して、

本当に肌に負担をかけないクレンジングは、成分や見た目じゃない」と実感しました。

ぜひあなたの肌に合うものが見つかるまで、試してみてほしいな、というのが本音です。

 

でも、本当に自分に合うクレンジングを見つけるには、手間も時間もかかってしまいます。

そこで、敏感肌・乾燥肌に悩んでいた私が3年ほどかけてたどり着いた「敏感肌にも優しいクレンジング」を紹介してきました。

 

よくプロのメイクさんや皮膚科の先生が「クレンジングが一番大事」と言いますが、

本当に私もクレンジングを色々試したことで、

クレンジング一つで「毛穴」や「肌の吹き出物の状態」って変わるんだ~と驚いています。

あなたも、肌に合うクレンジングを見つけて、しっかりメイクを落とせたとき、肌の代わり映えにきっと驚かれることとと思います(*^^*)

ぜひいいクレンジングを見つけて、洗い方も見直してみてみてくださいね。

もういちど比較表に戻ってチェックしてみる