手湿疹の効果的な治し方は?薬でも治らない主婦湿疹に10年悩まされた私が、改善に向かった10の方法とは?




手荒れで、かゆみ痛みぱっくり赤切れがなかなか治らない

病院に行ったら、ステロイドをもらったけど、塗っても一進一退の繰り返し…。ステロイドに頼らずに手湿疹を治したい!

そんな風に悩まれている方多いんじゃないでしょうか??

 

こんな風に言っている私も、手湿疹とはもう10年以上のお付き合い。

初めは、ただの手荒れ…?と思っていましたが、

薬を塗っても、保湿剤を塗っても状態は悪くなる一方で、本気で悩んでいました。

病院でもらったステロイドとヒルドロイド(保湿剤)で治る…と信じて10年…塗り続けましたが、残念ながら治らないんですよね…。

ステロイドを塗り続け…気づくと、強い薬でないと効かなくなっていきましたし、皮膚が薄くなってしまったのか、少しの刺激で、すぐに手荒れするようになってしまいました。

皮膚科の先生にも「手湿疹は原因がわからないことが多く、薬は一応出すけど、完治はしないよ。」と断言されてしまいました。

 

このまま、一生手荒れと付き合っていくの…??

 

ひどいときは、夜まで寝られないぐらい痒くなる手湿疹…このまま一生続くと思うとゾッとしました。

「どうにかして治したい!」そう思った私は、周りに聞いたり、調べたことを実践した結果、

今では、ホームケアだけで、だいぶ回復してきました。

子供のおむつ替えなどで1日に何度も手を洗いますが、手が赤切れすることも少なくなりました。

10年前の手全体がガサガサ…爪もボコボコの状態からすると、夢のようです。

 

そこでここでは、同じ思いで悩んでいる方と解決方法を共有しようと、私が試して有効だった方法を8つご紹介していきたいと思います。

注意してほしいのが、「軽い手荒れ」というよりかは「手湿疹(主婦湿疹)がかゆくて仕方ない」「本気で悩んでいる」という方向けなので、本格的な内容になっています。

このブログが、今手湿疹に悩まれている方の参考になれば、と思って書いていきます(*^^*)

では、いってみましょう!

水仕事の際は、なるべく手袋を付けて行う

まず有効なのは「水仕事をする際は、手袋を付けること」です。

手湿疹に悩まれている方なら、「当たり前…!」と思われると思いますが、いくつか注意点もあるのでお話ししておきますね。

 

手湿疹は、アレルギーによってなることも多いですが、「外部の刺激」がもとになることが大きいです。

本当は手を使わないようにするのが一番ですが、主婦だと、お皿洗いや、風呂掃除、日常的に行わないといけない家事も多いので、「何もしない」なんて言ってられないと思います。

主婦が一番良く行う、皿洗い、風呂掃除などの水仕事。

そこで必ず使う「食器用洗剤」や「風呂掃除用洗剤」には、とても強力な洗浄剤が使われています。

それを防ぐためにも、本気で手湿疹を治したいなら、できるだけ手袋はした方がいいです。

 

100均のゴム手袋で十分なので、それを付けて洗いましょう。

(ちなみに、ダイソーの下の手袋は個人的にはかなり使いやすいです。)

初めは「汚れがきちんと落ちているの…?」と気になるかと思いますが、慣れるとうまく使いこなせるようになりますよ(*^^*)

 

ただ一点、手湿疹がひどい状況だったり、ゴムアレルギーだったり、という方は注意してほしいことがあります。

「ゴム製品が手荒れしているところに触れると、余計にかゆくなる!」ということもあるからです。

その場合の1つの対処法は、ポリエチレン手袋を使うこと。

ポリエチレンはアレルギーを起こしにくく、ゴムよりも負担が少なくて済むからです。

 

ただ、私もポリエチレン手袋使ったことあるのですが、ぺらぺらして手の中に洗剤が漏れ入ってくることも多かったです。

そこで一番おすすめしたいのが、綿手袋をはめた上に、ゴム手袋をして洗い物をすること。

少しゴワゴワしてしまいますが、慣れれば難なく使いこなせると思いますよ(*^^*)

綿手袋もゴム手袋も100均で買えるので、ぜひそろえておきたいところです。

「外部刺激から手を守る」のは、手湿疹(主婦湿疹)の治し方という点で言うと、かなり有効な方法で、良くなった大きな原因とも言えます。

 

ゴム手袋がどうしてもいやな方は…食器用洗剤など、手に触れるものは極力肌に優しいものを

ただ、どうしても、「食器洗いは素手でないと、洗った気がしない。」という方もいるかと思います。

そんな方は、洗剤をできるだけ「肌に優しいもの」に変えて洗ってください

 

どんなものがいいのかというと…CMであるような「油汚れがスルンと落ちる」というものはまず良くないです

油汚れはきれいに落ちてくれるかもしれませんが、手荒れがひどい人にとっては、「合成界面活性剤・蛍光剤・漂白剤」など「強めの成分」が入っているので、肌が弱い人は、一瞬で手荒れを起こしてしまいます。

 

いくつか試した中で、まだ安心して使えたのは「ミヨシ石鹸 無添加食器洗いせっけん」ですね。

「弱アルカリ性」で、成分も「純石けん分(脂肪酸カリウム)」のみで、ほかの食器用洗剤よりはだいぶ肌に優しいものになっています。

ドラッグストアにも売っていますし、安いので気軽に使えますよ。

created by Rinker
ミヨシ石鹸
¥199 (2019/01/20 13:39:01時点 Amazon調べ-詳細)

ひとつ、市販せっけんに慣れていたら、油汚れなどは落としにくく感じることにだけ注意しておいてください。

ただ、「油汚れをきれいに落とせる洗剤」は、手の油分水分も奪っていくので、逆にこういった油汚れが落としにくいものの方が、手肌には優しいです。

 

シャンプーやコンディショナーも、できるだけ刺激が少ないものを使って

「手荒れ」で意外に盲点なのがシャンプーやコンディショナー。

市販のシャンプーを使っていて、手荒れしている手にめちゃくちゃしみて、辛い思いをした、ということはないですか?

想像以上に刺激になっているのが、シャンプーの界面活性剤なんですね。

手荒れがひどい場合には、シャンプーの時も手袋をするのが一番です。

ただ、私も試したことがありますが、さすがに面倒くさすぎて続かないかと思います…。

 

そこで、有効なのが、手肌に優しいシャンプーに変えること。

これが一番手っ取り早く、手荒れを治しやすくする方法です。

では、どんなシャンプーがいいのでしょうか?

 

ぜひ、今使っているシャンプーの成分をぜひチェックしてみてください。

「ラウリル硫酸ナトリウム」など「硫酸」とついている成分はありませんか?

この成分、市販のシャンプーによく入っているものですが、手肌にも頭皮にも、かなり刺激が強いもので、肌が敏感な人は、特に気を付けないといけない成分です。

 

では、「肌によさそうな石鹸シャンプー」はどうでしょうか?

石鹸シャンプーは、肌によさそうに見えて、実は手肌には刺激が強い成分(アルカリ性)なので、肌が弱い方には積極的には、おすすめできません。

髪の毛もかなりギシギシしますしね💦

 

結果、手湿疹に悩まれている方に一番おすすめできるのは、「アミノ酸系のシャンプー」です。

「~グルタミン酸」「アラニン」「グリシン」などがつく成分のシャンプーがおすすめですね。

 

市販のものも紹介したかったのですが、「100%これがいい!」というものは、残念ながら市販シャンプーではあまり見かけません。

一時期流行った「ボタニスト」なども、よさそうなんですが、「ラウレス-4カルボン酸Na」という脱脂力のかなり強めな成分が入っていたりします。

(ボタニストは私も使ったことがありますが、少し広がります。シャンプーについては、市販のものは「おしい」ものが多い印象です💦)

 

意外にネットで売っているものが良いものが多くて、アミノ酸系のシャンプーにしては泡立ちが良く、成分的にも◎なのは、haruのシャンプー でした。

アミノ酸系のシャンプーなので、少しいい値段しますが、リンス要らずのオールインワンなので、アミノ酸系のシャンプーの中では、コスパは悪くないと思います。

>>参考:haruシャンプーの口コミや効果は本当?産後、抜け毛、フケ、頭がかゆい!に悩む30代の私が1か月使って本音で検証しました

ただ、ボリュームが出るので、「髪の毛がペタン」とする人向けかもしれません。

 

髪の毛のボリュームが出て気になっている方は、ラサーナ なんかもいいかと。

髪の毛の広がりに悩む私は、こちらの方が好みでした。

ラサーナはお試し がかなり安いので、髪質によっては試してみてもいいかもしれません。

(アットコスメでも「トライアルキット部門」で1位を取っていました。)

>>参考:ラサーナは口コミ評判通り?プレミオールシャンプーとトリートメントをハイダメージ30代の私が21日間使ってみて超感動したので変化を口コミします

手湿疹に本気で悩まれている方は、「シャンプーをアミノ酸系にすることはマスト」と言ってもいいぐらい大事なので、ぜひ調べてみてくださいね。

(ネットで調べましたが、「アミノ酸系のシャンプーおすすめランキング」みたいなものは、実は強い成分も入っていたりしたので、機会があればまた今度、本当に肌に優しいものをご紹介したいと思います。)

 

なるべく石鹸で手を洗わないようにする

先ほどお伝えしたように、「石鹸」は基本的にアルカリ性なので、肌荒れしている手には少し刺激が強いものになります。

石鹸の使用が手の皮脂に与える影響の評価によると、手の皮脂は水洗いだけでも約25%、化粧石鹸で約50%、合成石鹸で約65%が脱脂されるというデータもあります。

もし、手湿疹がひどいようなら、石鹸の使用は、必要最低限にしておいた方がいいかもしれません。

 

とはいえ、日常生活で全く手洗いをしないのは難しいと思います。

「手洗いせっけん」をCMしているような「バイ菌がよく取れる」みたいなものにしているなら、変えた方が無難ですね。

市販の殺菌成分の入った石鹸は、かなり刺激になるからです。

 

では、どんなせっけんがいいの?と言うことですが、

手湿疹(主婦湿疹)がひどい場合には、無添加せっけんや、弱酸性(弱アルカリ性)の石鹸がおすすめです。

ここでも、ミヨシの無添加石鹸は優秀ですね。

created by Rinker
ミヨシ石鹸
¥314 (2019/01/20 13:39:01時点 Amazon調べ-詳細)

安いですし、ドラッグストアでも買えるので、手軽に使っていけるかと思います。

 

夜は、手湿疹のあるところに保湿剤をたくさん塗って、手袋をして寝る

手湿疹があると、手は乾燥してしまって、シワシワしていることが多いんじゃないでしょうか?

「乾燥」は手荒れには大敵です。

「乾燥による外部刺激から手を守る」という点では、できるだけ

「夜はワセリンなどで手をしっかり保湿したうえで、綿手袋をして寝る」というのが、手荒れを保護する一つの方法です。

ただ、傷がひどい場合には、綿手袋に傷口がくっついてよりひどくなってしまうこともあるので、状況によって判断してみてください。

 

他にも、状態がひどい場合には、「湿潤療法」と言って、ワセリンを塗り、ポリエチレン手袋をして寝る方法もあります。

ただ、夜にポリ手袋をしていると、少し痒くなってしまうのがたまにきず。

掻いてしまったりしたら逆効果なので、これも状況によって判断してみてください。

綿手袋の方が、個人的にはおすすめです。

 

日中、乾燥を感じたら、とにかくこまめに保湿する

日中こまめに保湿すること」これが、私の手湿疹の改善に、一番役だったんじゃないかと思っています。

手の乾燥や痛みひどくて、指が曲げられないほど…なんてこと経験あるんじゃないでしょうか?

「乾燥すること」が、とにかく「手荒れ」には一番大敵なんです。

 

最近は「湿潤療法」がケガの治療の主流ですが、

傷口を乾燥させないことで、活発な細胞分裂を促すことができ、「自己治癒力」が高まり、結果傷の治りが早くなります。

手荒れしていたら、とにかく乾燥させる暇を与えない。とにかく保湿が大事!!」なんですね。

 

ただ、「一時も乾かさないように保湿する」って簡単なようで難しいですよね。

私も、皮膚科の先生に「1日10回は塗ってね。」とヒルドロイド(保湿剤)をもらいました。

このヒルドロイド、医療用の保湿剤なので、合う人にはかなり合うと思います。

ただ私は、息子のおむつ替えなどで一日何回も手を洗うのですが、そのたび取れて塗りなおし…の繰り返しなんですね。(ワセリンも同様)

また、ヒルドロイドは「血行促進」の効果もあるからか、ひどいときに塗ると、結構かゆくなってしまう…。

初めは塗っていたんですが、こまめに塗っても、べたべたして、しばらく家事ができない…

毎日…となると、そのうち、いつの間にか「あっ塗ってない!」が続くようになったり、かゆくて掻いたりで、

ヒルドロイドは、私の手荒れにはイマイチ使い勝手が良くなかったんです。

 

そこで、市販のハンドクリームもたくさん試しました。

馬油、アロエクリームなど…よさそうなものも全部試したのですが、手荒れした肌には刺激が強すぎて、痒くなったりヒリヒリしてしまいました。

後で知ったのですが、市販のハンドクリームは、界面活性剤や尿素などが入っているため、手荒れした肌には逆に痛めつけていることになってしまっていたんですね…。

塗って痛いハンドクリームは、肌に合っていない証拠のようです。

 

結局行きついたのは、「アトピスマイル 」というアトピー用の保湿剤を塗って、「ファムズベビー 」というバリア機能を疑似的に作ってくれる保湿剤でバリアすることでした。

2つとも、子供の乳児湿疹用のクリームを探していた時に出会ったのですが、市販のものと思って侮っていたのですが、けっこうすごい効果が見られました。

口コミを見てもらってもわかると思います。

 

実は肌荒れした肌って、「水分」がなく、カスカスになってしまっている&「肌のバリア」もかきむしることによって、ボロボロに壊れてしまっているんですね。

そこを、アトピスマイルの「水分保持機能(医薬部外品の効能)」と、ファムズベビーの「バリア機能」で皮膚の保護機能を補ってくれるんですよ。

※イメージ

アトピスマイルは、ヒルドロイドでいいやん…と初め思っていたのですが、塗ったその日から不思議と「かゆみ」がなくなり、肌をかきむしることがなくなりました。

ファムズベビーは、「肌のバリア」を疑似的に作ってくれて、手を洗っても8時間ほど取れないので、手を洗って「痛ッ」が怖くなくなりましたし、何度も保湿剤を塗る必要がなくなりました。

 

どちらも病院で出される薬とは全く違う効果効能があって、どちらも私には必須なものです。

手湿疹に「アトピーも併発しているんじゃないか…?」と思われている方なんかは特に、使ってみてほしいです。

私も、なくなるのが怖いので、ストックしてあるほど助けられたものたちです。

手湿疹の状態がひどいときには、絆創膏で保護する

これも「保湿」の一環ですが、かきむしって「切り傷」がひどい場合は、傷をそのままむき出しにせずに、絆創膏で保護して日常生活を行ってほしいなと思います。

痒くなることもあるかもしれませんが、ひどい場合はステロイドを塗ってでも、「保湿」「保護」はしっかりしてください。

傷がむき出しだと、治りが遅くなってしまうからです。

 

ネットでは、「キズパワーパッドが治りが早い」と評判ですが、個人的には高いので、買ったことありません。

「傷の保護」という意味では、普通のバンドエイドで十分かと思います。

比較的軽い状態の場合は、ひび割れも1~2日できれいにふさがりましたよ。

一時的な保護(キズパワーパッド)にお金をかけるぐらいなら、上でお話しした「しっかりした保湿」にお金をかけて、しっかり根本から治していった方がいいかと思います。

 

食事はできるだけ「無添加」「無農薬」に気を付けて

手湿疹は、「ただの接触性の手荒れ」だけでなく、アトピーやアレルギーを併発していることも、多いです。

私も小さいころからアレルギー、アトピー持ちで、おそらく今ある手湿疹にもアトピーやアレルギーも影響しているんじゃないかと思います。

見かねた母が、食事を「無添加」や「無農薬」に限定して出してくれるようになってから、だいぶ手湿疹もましにはなりました。

(食生活が乱れていた大学生の頃は、本当ひどかったです。)

 

地元で無添加、無農薬、有機食材などの食材を売っているところを見つけられればいいのですが、もし心当たりがない場合は、

有名どころで言うと、「おいしっくす 」などの食品は安心して食べられますね。

気になる方は下の記事も参考にしてみてください。

>> 参考:【口コミ付】有機無農薬野菜の食材宅配おすすめはどれ?7年使った私が安全な4社を比較ランキング!

 

無添加や有機の食材は少し高いので、財布と相談にはなるかと思いますが、本気で治したいなら、ひとつの手になると思います。

私の場合、旅行等で外食続きだと、途端に手湿疹がひどくなるので、食事の影響はかなり大きいなと実感しています。

 

「病院で漢方をもらう」という方法もあり

私も最近言った病院で初めて処方してもらったのですが、

「水泡のようなぶつぶつが出て痒くなる」ような湿疹なら、人によっては漢方も有効のようです。

私も漢方を飲んでいるときは、少し「かゆみ」が収まったような気もしました。

ただ、漢方は「基本的には、ずっと飲み続けないといけない」ようです。

少しマシになったと思っても、漢方を飲むのをやめるとまたひどくなるので、治るまでは、病院に通い続けないといけません。

個人的には、漢方よりもホームケアの方が続けやすいのかな、と思いました。

 

手湿疹の治し方まとめ

ここまで、手湿疹に本気で悩んできた私が実践した「手湿疹(主婦湿疹)の治し方」をお話ししてきました。

何か試せそうなものはありましたでしょうか?

私も手湿疹には10年以上悩まされ、一進一退の繰り返しでしたが、

人に聞いたり、調べた方法を一つ一つ丁寧に試していくと、

10年~5年ほど前までは、あれだけ手全体に広がっていた手湿疹が、今では、よほどのことがない限りひどくなることはなくなりました。

(↑普通の人よりもかさつきはありますが、割れたり、水泡ができたり…ということも少なくなりました。)

ここでは紹介しきれませんでしたが、意外にも「ストレスをためないこと」も有効だったりしますね。

 

最後にここで紹介してきた方法をまとめました。

  1.  水仕事の際は、なるべく手袋を付けて行う
  2. ゴム手袋がどうしてもいやな方は…食器用洗剤など、手に触れるものは極力肌に優しいものをミヨシ石鹸無添加 食器洗いせっけんがおすすめ)
  3. シャンプーやコンディショナーも、できるだけ刺激が少ないものを使って(haruシャンプー ラサーナ がおすすめ)
  4. なるべく石鹸で手を洗わないようにする(ミヨシの無添加せっけんがおすすめ)
  5. 夜は、手湿疹のあるところに保湿剤をたくさん塗って、手袋をして寝る(ワセリンなど)
  6. 日中、乾燥を感じたら、とにかくこまめに保湿する(アトピスマイル ファムズベビー がおすすめ)
  7. 手湿疹の状態がひどいときには、絆創膏で保護する
  8. 食事はできるだけ「無添加」「無農薬」に気を付けて(おいしっくす など)
  9. 「病院で漢方をもらう」という方法もあり

ぜひ試せることから今日から実践して、手湿疹の悩みとおさらばしましょう!